<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルはエクトル・ベジェリンの代役としてキーラン・トリッピアーに興味か 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルはエクトル・ベジェリンの代役としてキーラン・トリッピアーに興味か 他2つ

スポンサーリンク

アーセナルはエクトル・ベジェリンの代役としてアトレティコマドリーのキーラン・トリッピアーをリストアップか(The Sun)

Arsenal revive interest in Kieran Trippier?

アーセナルは退団の可能性が高くなっているエクトル・ベジェリンの代役として新たな選手を探し続けている。

そんな中、アトレティコマドリーキーラン・トリッピアーは契約を残り2年残しているもののクラブ側は52億円のオファーが届き次第放出する方針を固めている。

アーセナルはこのような状況となっているトリッピアーの獲得に興味を持っており、値段の交渉を現在続けていると言われている。

トリッピアーに対してはマンチェスターユナイテッドも以前より獲得に興味を持っていると言われており、クラブ間での争奪戦となる可能性もある。

積極補強を続けるアーセナルはトリッピアーの獲得も成功させることができるのだろうか。

アーセナルはピエール・エメリク・オーバメヤンへのオファーを受け入れる姿勢へ(The Telegraph)

Arsenal 'open to offers for Aubameyang'

ドルトムントからアーセナルへ移籍して以降得点を量産し、2023年まで契約を残しているピエール・エメリク・オーバメヤン

替えの利かないストライカーとして君臨していたが、ここ最近は得点力が落ちており以前のような影響力は既に失ってしまっている。

そんなオーバメヤンに対してはアーセナルはオファーが来た場合はそれを受け入れる姿勢を見せているのだ。

週給3500万円と言われる高給のオーバメヤンはクラブの財政を圧迫している要因の1つとなってしまっている。

アーセナルはフィリッペ・コウチーニョの売却を希望しているバルセロナがトレードを提案したとも言われているが、かつての姿を取り戻す時は来るのだろうか。

アーセナルは30億円のオファーでエディー・エンケティアの売却へ(Sky Sports News)

Arsenal 'put £20m asking price on Eddie Nketiah'

アーセナルにおいてアレクサンドル・ラカゼットピエール・エメリク・オーバメヤンとともに得点源になることを期待されているエディー・エンケティア

下部組織出身の選手としてもレギュラー定着になるかどうか勝負のシーズンとなるはずだったが、怪我の影響で早速そのチャンスを手にできずにいる。

そんなエンケティアに対してはクリスタルパレスが獲得に興味を示しており、アーセナル側は30億円のオファーが届いた場合売却に踏み切ると言われている。

一部ではアーセナルとエンケティアが新契約のサインに失敗したと言われており、その状況を注意深く見ていたクリスタルパレス以外のクラブもオファーを出す可能性があるだろう。

果たしてアーセナル期待の若手がまた1人退団となるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました