<前編/2022年最新>2021シーズンのチャンピオンズリーグ出場チームの特徴は?
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルはマンチェスターシティのオレクサンドル・ジンチェンコを57億円で獲得間近か(Daily Mail)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルはマンチェスターシティのオレクサンドル・ジンチェンコを57億円で獲得間近か(Daily Mail)

今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるアーセナルは更なる実力者の獲得に動こうとしている。

そのターゲットとはウクライナ代表とマンチェスターシティで活躍を見せるオレクサンドル・ジンチェンコである。

ジンチェンコはここまでマンチェスターシティで素晴らしいプレーを見せているものの、絶対的な選手にはなり切れていない。

特に守備面を今後強化する必要のあるマンチェスターシティはブライトンからマルク・ククレジャの獲得を行うと噂されており、これが実現するとジンチェンコの出場時間は今よりも大幅に減少してしまうだろう。

そこで今夏アーセナルが動き出したのだ。

アーセナルの監督であるミケル・アルテタはマンチェスターシティでアシスタントコーチをしていた時代にジンチェンコとともに過ごしており、彼の左サイドバックと中盤を器用にこなす姿をずっと見ている。

そのため、起用の仕方や獲得における選手とのつながりを鑑みるとこの移籍は実現する可能性が高いとみられている。

既にアーセナルはマンチェスターシティに対して57億円のオファーを提示しており、一部では既にこの取引は成立間近とも伝えられている。

来シーズンこそチャンピオンズリーグ出場権を勝ち取るため、アーセナルはライバルから更なる補強を行うのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました