<前編/2022年最新>2021シーズンのチャンピオンズリーグ出場チームの特徴は?
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルはマンチェスターシティのガブリエウ・ジェズスへ正式オファーの準備か(Fabrizio Romano)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルはマンチェスターシティのガブリエウ・ジェズスへ正式オファーの準備か(Fabrizio Romano)

スポンサーリンク

アーセナルはマンチェスターシティのガブリエウ・ジェズスへ正式オファーの準備か(Fabrizio Romano)

マンチェスターシティは来シーズン、ドルトムントのアーリング・ブラウト・ハーランドを新たにチームに加えることが決定している。

RBザルツブルクで頭角を現し、ドルトムントでもリーグ戦24試合に出場し22ゴールを記録するなど別格の働きを見せている。

そんなハーランドが加わるマンチェスターシティはセルヒオ・アグエロが退団し、絶対的なストライカーが欠けていただけにこの補強は彼らにとって非常に大きなものとなる。

しかし、この状況を歓迎しない選手もマンチェスターシティ内にはいるだろう。

その代表格がガブリエウ・ジェズスだ。

絶対的な選手となれず、来シーズンこそはと意気込んでいるだろうがハーランドの加入によってまたもや定位置獲得が困難となってしまった。

そんなジェズスの状況を見て、アーセナルがオファーの準備をしているようだ。

アーセナルは長くストライカーの獲得を狙っていたが、ジェズスは既にプレミアリーグを知っており一定の実績も残しているため獲得リスクが非常に小さい。

必ずしも年間20ゴールを約束してくれるとは限らないが、徐々にチーム総合力をつけているアーセナルにとっては理想的な選手かもしれない。

周りを活かす力もありアーセナルで躍動する若き選手たちを輝かせる可能性を持っているのだ。

マンチェスターシティで輝ききれなかった男はロンドンで再起の機会を得ることになるのだろうか。

アーセナル
スポンサーリンク
シェアする
keny9footballをフォローする
スポンサーリンク
プレミアリーグの移籍やら噂やら

コメント

タイトルとURLをコピーしました