<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルは冬の移籍市場でストライカーの獲得を最優先へ 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルは冬の移籍市場でストライカーの獲得を最優先へ 他2つ

スポンサーリンク

アーセナルは冬の移籍市場でストライカーの獲得を最優先に位置付ける(The Arsenal Lounge)

Arsenal to prioritise new striker signing?

アーセナルはフリーでの退団が決定的となっているアレクサンドル・ラカゼットの代役を夏から探しているがなかなかベストターゲットを射止められない状況となっている

ピエール・エメリク・オーバメヤンの契約も2023年までとなっており、今後彼らの代役として担える人材が必要となっている。

インテルのラウタロ・マルティネス獲得を夏に迫るなど動きは見せており、冬の移籍市場でもアーセナルは変わらずストライカーの獲得を最優先するとみられている。

ライバルのチェルシーからタミー・アブラハム獲得を狙っていたとも言われており、彼らが目をつけるターゲットには今後注目が集まるだろう。

エヴァートンがアーセナルのカラム・チェンバースに興味か(The Sun)

Arsenal's Calum Chambers wanted by Everton?

アーセナルに所属する26歳のディフェンダー、カラム・チェンバース。

数年前より期待されていた選手であるが、度重なる怪我の影響もありそのポテンシャルを発揮できないままシーズンを過ごしてしまっている。

今シーズンもチームの主役とはなれておらず、契約終了も迫っている。

そんなチェンバースにエヴァートンが興味を持っており、8億円ほどの移籍金で獲得を試みているようだ。

エヴァートンを率いるラファエル・ベニテスの目に留まった存在であり、コストも抑えられることから冬に移籍市場で正式なオファーが出る可能性は高い。

アーセナルで本領発揮できなかったチェンバースは同じプレミアリーグ内で環境を変えることになるのだろうか。

アーセナルはリールMFレナト・サンチェスをリストアップか(Calciomercato)

Arsenal 'lining up January move for Renato Sanches'

かつて神童を呼ばれたポルトガル代表のレナト・サンチェス。

現在はフランスのリールでプレーをしているが、着々とその評価を高めており、夏の移籍市場では多くのクラブから話があったとも言われている。

しかし、今シーズンは怪我の影響もあり未だ9試合に出場に留まってしまっている。

そんな状況のサンチェスだが、冬に移籍市場で今度こそ本格的なオファーが届きそうだ。

アーセナルとミランが獲得リストに入れており、具体的な動きが出てくると言われている。

アーセナルはアレクサンドル・ラカゼット、ベルント・レノ、エディー・エンケティアが売却となる可能性もあり、サンチェス獲得資金に関しては問題ないだろう。

スウォンジーシティでの経験も持つサンチェスだが、未だ苦しむアーセナルの救世主となるべくロンドンの地へ舞い降りるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました