<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナルは新ストライカー獲得へオファーを準備か 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルは新ストライカー獲得へオファーを準備か 他2つ

スポンサーリンク

アーセナルはトリノのアンドレア・ベロッティの獲得に本腰を入れ始めるか(Football.london)

Arsenal considering late move for Andrea Belotti?

ユベントスマンチェスターユナイテッドクリスティアーノ・ロナウドを放出し、新たに得点源となれる選手を探しているところだ。

そこでリストアップされているのが国内で十分な実績を残すトリノアンドレア・ベロッティである。

しかし、ベロッティに対しては同じく新ストライカーを探すアーセナルも興味を持っており、ピエール・エメリク・オーバメヤンの動き次第では一気に取引をまとめるのではと言われている。

そこでライバルとなるユベントスとどのような戦いを裏で繰り広げるのかに注目が集まることになるだろう。

エヴァートンはアーセナルへエインズリー・メイトランド・ナイルズ獲得オファーを提示か(Daily Mail)

Everton make offer for Arsenal's Maitland-Niles?

昨シーズン、ウェストブロムウィッチへローンで修行に行っていたエインズリー・メイトランド・ナイルズ。

しかし、ローンでの修行を経ても彼の居場所はアーセナルには無いと言われており、今夏での移籍が濃厚とされてきた。

メイトランド・ナイルズに対してはクリスタルパレスバーンリー、ニューキャッスルユナイテッドらが獲得に興味を持っていると言われていたが、新たにエヴァートンが参戦するようだ。

早くもアーセナル側へオファーを準備しており、近くに提示を行う予定とされているためこの取引は24時間以内にまとまる可能性もある。

新たにラファエル・ベニテスが監督となったエヴァートンは右サイドバックにシェイマス・コールマンがいるものの彼に将来的に代わることのできる選手を探しており、複数のポジションをこなすことのでkるメイトランド・ナイルズはスカッドを厚くするという意味でも最適な選手となる。

監督の電撃交代劇が発生したエヴァートンだが、アーセナルから新戦力を加えてシーズンを戦うことができるのだろうか。

アーセナルはFWオーバメヤンの売却に30億円の価格を設定か(Football.london)

Arsenal 'put £20m price tag on Pierre-Emerick Aubameyang'

クリスティアーノ・ロナウドの売却を行ったユベントスは新たなストライカーとしてアーセナルのピエール・エメリク・オーバメヤンに注目している。

直近では得点力が落ちたなどの評価を受けているオーバメヤンだが、カラバオカップのウェストブロムウィッチ戦ではハットトリックを記録するなど希代の点取り屋としての嗅覚はまだ衰えてはいない。

オーバメヤンに対してはバルセロナも獲得に興味を持っていると言われているが、これはアーセナル側がオーバメヤンの売却に関して30億円の価格設定を行ったからと言われている。

年齢は32歳だが、十分な実績を持っており、即戦力として期待されているため獲得を狙うクラブはここからの値引きも期待しつつチャンスを伺うことになるだろう。

これまでアーセナルで151試合に出場し88得点を記録してきたオーバメヤン。

クラブは苦しい時間を過ごしているが救世主となるのか、それとも・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました