<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

アーセナル史上最も高額で売却できた選手トップ5

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナル史上最も高額で売却できた選手トップ5

スポンサーリンク

アレクシス・サンチェス 44億円

Sánchez

バルセロナで主役となれず、アーセナルにやってきたアレクシス・サンチェスはまさに救世主だった。

攻撃において最も重要な選手となり、得点に直結するプレーはもちろん守備にも貢献するなどまさにチームプレーを自ら体現していた。

アーセナルでは2回のFAカップとコミュニティシールドのトロフィーを獲得しており、その後マンチェスターユナイテッドへ去ってしまった。

それからのキャリアについてはここで語る必要はないだろう・・・。

セスク・ファブレガス 44億円

Fàbregas became the Arsenal captain at the age of 19

バルセロナで育成され、その後アーセナルに加入したセスク・ファブレガスはまさにスペインのサッカーを体現する選手であった。

誰もが天才と認めており、今後のアーセナルを長く支える選手として期待されていた。

しかし、ファブレガスは再びバルセロナへと加入することとなり、44億円での移籍劇となった。

数年後、バルセロナを離れアーセナルのライバルであるチェルシーに移籍した際はかつてのファブレガスのユニフォームを燃やすサポーターも出てくるなど一時は混乱を招くこととなった。

ニコラ・アネルカ 46億円

元々パリ・サンジェルマンでプレーしていたニコラ・アネルカはフランス人ストライカーとして今後英雄的な選手となることが期待されていた。

当時のアーセナルの監督を務めていたアーセン・ヴェンゲルも高く評価をしており、当時18歳の選手としては高額と言われていた50万ポンドの移籍金で移籍を果たした。

その後成長を遂げたアネルカは46億円もの移籍金でレアルマドリーへと旅立っていった。

アレックス・オックスレイド=チェンバレン 49億円

Alex Oxlade-Chamberlain

アーセナルの主役の1人として活躍を期待されていたアレックス・オックスレイド=チェンバレンも高額で売却した選手として数えられる。

圧倒的なスピードとフィジカル、センスを兼ね備えた選手であり、若いころから将来を嘱望されていた。

しかし、中盤でプレーしたいという本人の希望やリバプールからの熱視線により49億円もの移籍金で去っていった。

加入したリバプールでは希望通りの中盤でプレーをし、怪我の影響で欠場する機会も多かったもの尾アーセナルに所属していた頃よりも柔軟なプレーを見せている。

マルク・オーフェルマルス 51億円

Overmars had his coach Arsene Wenger

アーセナルが優勝を果たすうえでの重要選手としてアーセン・ヴェンゲルが認識していたのがマルク・オーフェルマルスだ。

オランダ代表としてもプレーしていたオーフェルマルスは今でもアーセナルファンに愛される選手であり、とりわけマンチェスターユナイテッドとの試合を記憶している者も未だに多いだろう。

4年間のプレーののち、バルセロナに去っていったがその移籍金は51億円とアーセナル史上最も高額で売却された選手となった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました