<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

チェルシーのアントニオ・リュディガーがレアルマドリーのトップターゲットに 他1つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェルシーのアントニオ・リュディガーがレアルマドリーのトップターゲットに 他1つ

スポンサーリンク

チェルシーのアントニオ・リュディガーがレアルマドリーのトップターゲットに?(Marca)

Rudiger 'at top of Real Madrid's transfer wishlist'

夏の移籍市場でキリアン・ムバッペアーリング・ブラウト・ハーランドなど大物の獲得を狙うレアルマドリー

しかし、彼らはセルヒオ・ラモスラファエル・ヴァランを失った守備に課題を抱えており、夏に補強に動きだすとみられている。

そこでトップターゲットとなっているのがチェルシーのアントニオ・リュディガーだ。

リュディガーのチェルシーとの契約は2022年までとなっており、このままでは冬に移籍市場で自由に他クラブとの交渉ができる状態となる。

チェルシーではもはや替えの利かない選手となっており、今後も中心選手としての活躍を期待されているだけに退団となると非常に痛い戦力ダウンとなるだろう。

果たして、チェルシーとの話し合いの末にたどり着く未来はどのようになるのだろうか。

ニューキャッスルユナイテッドがチェルシーのティモ・ヴェルナー獲得を狙うか(PA)

Newcastle United targeting Timo Werner?

ロメル・ルカクが加入してから、今シーズンのリーグ戦では3度の先発しかしていないティモ・ヴェルナー。

アシストやチャンスメイクなどで貢献しており、トーマス・トゥヘルの戦術次第では重要な選手として君臨するはずだが、肝心の得点の部分ではブンデスリーガ時代の感覚を取り戻せておらず、移籍金に見合う活躍を見せられずにいる。

そんなヴェルナーに対し、新しいオーナーが就任したニューキャッスルユナイテッドが獲得を狙っているようだ。

彼らはマンチェスターシティよりも莫大な資金を持つクラブとなり、さっそく冬の移籍市場では激しい動きを見せるとされている。

果たして、生まれ変わったニューキャッスルユナイテッドはチェルシーの快速ストライカー獲得に向かうのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました