<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

チェルシーの移籍、噂まとめ チェルシーはコウチーニョ獲得レースには動かない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェルシーの移籍、噂まとめ チェルシーはコウチーニョ獲得レースには動かない

 

スポンサーリンク

チェルシーはフィリッペ・コウチーニョ獲得には動かない(Guillem Balague)

バルセロナからバイエルンにローンで加入し、一定の活躍を見せていたフィリッペ・コウチーニョだが、その値段の高さから完全移籍での獲得はしない方針だ。

バルセロナ側も既に戦力としてとらえていないコウチーニョを戻すことは考えておらず、売却の道を探っている。

しかし、リバプールから獲得した際の歴史的な移籍金を少しでも取り戻すため安値で売却することは考えていない。

そのため多くのクラブが関心を持ちながら獲得へ動けないのだ。

その中でもプレミアでの経験を評価し、プレーメーカーを欲しがっているチェルシーが本命になると数々のメディアで伝えられていたが、ついにチェルシーまでも獲得に動くつもりはないようだ。

フランク・ランパードのトップターゲットは別の選手であり、あくまでコウチーニョに対して高額な移籍金を提示して獲得する気はないということだ。

チェルシーはティモ・ヴェルナームサ・デンベレ、そしてカイ・ハヴェルツへの興味を強めていくとみられている。

 

ウィリアンのチェルシー退団はほぼ決定的な状況に(SkySports)

Chelsea 'resigned to losing Willian on a free transfer'

チェルシーに所属するアタッカー、ウィリアンは今夏での退団がほぼ決定したようだ。

当初、チェルシーとウィリアンは契約延長の方向で話を進めていたものの契約年数の違いにより交渉が難航していた。

しかし、フランク・ランパードは今回の交渉を終え夏に退団することを認めたのだ。

その要因としては既にアヤックスからハキム・ヅィエクを獲得しており後釜の確保が終わっていること、そして新たにティモ・ヴェルナー、カイ・ハヴェルツなど若くアタッカー陣の獲得を夏に狙っているからだ。

ワイドでプレーする選手を欲する中、チェルシーにとっての理想はジェイドン・サンチョだが、これまでチェルシーに大きく貢献してきたウィリアンの穴を埋めることのできる選手を確保できるのだろうか。

 

アンドレ・オナナはアヤックス退団を明言(Fox Sports)

Barca, Chelsea target Onana confirms desire to leave Ajax

24歳のアンドレ・オナナアヤックスでこれまで多くのスーパーセーブを披露し、昨シーズンはチームの躍進を最後尾で助けるなどその評価を大きく上げていた。

その活躍をバルセロナやチェルシーが注目しており、この夏にも移籍するのではと噂されていた。

そんな状況でオナナはインタビューで夏にアヤックスを去ることを明言したのだ。

 

”ここで5年間、素晴らしい時間を過ごした。でも次のステップへ行く時が来たんだよ。何が起こるかはわからないが僕の意思と野心は明らかだ。”
オナナは現在の市場価値で£35mの価値をつけている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました