<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

チェルシーの移籍、噂まとめ ハドソン=オドイが再びバイエルンのターゲットへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェルシーの移籍、噂まとめ ハドソン=オドイが再びバイエルンのターゲットへ

 

スポンサーリンク

バイエルンが再びチェルシーのカラム・ハドソン=オドイ獲得に興味を示している(Sky Germany)

Bayern Munich 'revive interest in Chelsea's Hudson-Odoi'

ドイツ王者であるバイエルンはチェルシーに所属する19歳のウィンガー、カラム・ハドソン=オドイの獲得に以前より興味を持っており一時は£35mという移籍金で取引が完了する寸前まで進んだ。

その後、ハドソン=オドイはチェルシーと新契約を結んだことでバイエルン移籍は消滅したと思われていたがここにきて再び噂が出てきている。

チェルシーは今夏多くの戦力獲得に大金を費やしており、ハドソン=オドイの出場機会は必ずしも確保されるものではなくなったのだ。

また、バイエルンだけではなくユベントスRBライプツィヒも獲得に興味を示しており、今夏の移籍市場で動く可能性がある。

 

ウェストハムユナイテッドはチェルシーからのデクラン・ライスへのオファーを拒否した(The Athletics)

West Ham to reject any Chelsea bid for Rice?

 

ウェストハムユナイテッドでミッドフィルダーとしての才能を開花させ、多くのビッグクラブが狙うほどの逸材となったデクラン・ライス。

ライスには現在£80mの市場価値が付いているとされており、この金額の高さから手を出せるクラブがほとんどいないのが現状だ。

そんなライスの獲得に興味を持っているのがチェルシーだ。

以前よりライス獲得を狙っているとされており、今夏既に動いたようだ。

しかし、ウェストハムユナイテッドはチェルシーからのオファーを拒否しており、残り4年の契約を残す彼を今後もチームの中心に据えるつもりのようだ。

ここまで大型補強を続けていたチェルシーは国内の期待の星であるライスをも手中に収めることはできるのだろうか。

サンプドリアはチェルシーのダニー・ドリンクウォーター獲得のチャンスを獲得したか(II Secolo XIX)

Sampdoria given chance to sign Drinkwater?

 

かつて£30mという移籍金でレスターシティからチェルシーに移籍したダニー・ドリンクウォーター。

元相方であるエンゴロ・カンテがいることで再びタッグが見れるはずであったが、パフォーマンスは徐々に低下。

ピッチ外でも問題を起こすなどして既にチームには居場所がない状況となっている。

バーンリーとアストンヴィラでローンを経験したが、結果を残すことができなかったためプレミアリーグで彼を欲しがるクラブは今のところ存在しない。

そこで彼の獲得に興味を示しているのがセリエAのサンプドリアだ。

かつての恩師であるクラウディオ・ラニエリが指揮を執っており、30歳となったドリンクウォーターを再生させられる可能性がある。

サンプドリアは昨シーズン15位でフィニッシュしており、今シーズンはより飛躍したシーズンを過ごすために全力を尽くさなければならない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました