<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

チェルシーの移籍、噂まとめ メッシの代理人がコンタクトを取ったと発言か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェルシーの移籍、噂まとめ メッシの代理人がコンタクトを取ったと発言か

 

 

スポンサーリンク

リオネル・メッシの代理人はチェルシーやマンチェスターユナイテッドとコンタクトを取ったことを認めた(Manchester Evening News)

Messi camp 'make contact with Man Utd, Chelsea'

これまで6度のバロンドールを受賞し、史上最高の選手の1人と称されるリオネル・メッシ

バルセロナ一筋を貫いているメッシだが、その契約は今シーズン限りとなっておりついに退団となるのか注目が集まっている。

バルセロナは既にサラリーを現在より下げた状態の新契約を提示しており、メッシがバルセロナでキャリアを終える可能性も出てきているが、メッシの代理人は他のクラブとコンタクトも取っていることを明らかにした。

そのクラブとはマンチェスターシティパリ・サンジェルマンであり、メッシ獲得レースをリードしているチームと言われている。

しかし、チェルシーやマンチェスターユナイテッドもコンタクトを取ったクラブと言われており、この獲得レースはさらに激化するだろう。

果たして現サッカー界を牽引してきたメッシはスペインを離れ、新たな居場所でチャレンジすることになるのだろうか。

チェルシー、マンチェスターユナイテッド、マンチェスターシティはハリー・ケインの獲得へ動くか(Sky Sports News)

Premier League trio 'considering Harry Kane move'

ハリー・ケインの移籍はまずまず加速していると言われるようになった2021年。

圧倒的な能力を持ちながらも主要タイトルを獲得できておらず、本人もそれに満足はしていない様子であり移籍を検討しているとも伝えられている。

しかし、トッテナム会長を務めるダニエル・レヴィ£150mの値段をケインにつけており、特に国内のライバルには売却しない姿勢を貫いている。

マンチェスターユナイテッドやチェルシーらが獲得を狙っていると言われており、最近ではセルヒオ・アグエロの退団が決定したマンチェスターシティも大金を用意しているのではと噂されている。

噂は国内のみならず、レアルマドリーバルセロナらスペイン勢、パリ・サンジェルマン、そしてバイエルンも獲得のチャンスをうかがっている。

新たに長期契約を結んだだけに急いで売却する必要はなく、トッテナムとしては希望の値段が来るのを待つだけとなるのだろうか。

ケインの意思は移籍なのか、それとも・・・。

チェルシーとマンチェスターシティはパルメイラスのヤングスター獲得へオファーを準備か(Sport Witness)

Chelsea, Man City make contact with Palmeiras youngster?

ブラジル国内で高い評価を得ているパルメイラスパトリック・デパウラ。

卓越したテクニックを武器とする21歳はのミッドフィルダーは今シーズンも27試合に出場し3ゴール1アシストを記録している。

そんなデパウラに注目しているのがマンチェスターシティとチェルシーだ。

彼らは共にオファーを準備していると言われており、£21mと言われる移籍金を支払うことに前向きな姿勢を見せている。

近年特に若手の育成で目を見張るものがあるブンデスリーガのドルトムントも動向を注視しており、欧州での人気銘柄となりつつある。

チェルシー、マンチェスターシティともに若手がチーム内で輝いているだけに更なる才能をチームに組み込みたいと考えているはずだ。

新たに出現したブラジルのヤングスターは一体どのチームが獲得するのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました