<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

チェルシーの移籍、噂まとめ ランパードは選手に強いパーソナリティを求める

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェルシーの移籍、噂まとめ ランパードは選手に強いパーソナリティを求める

 

スポンサーリンク

フランク・ランパードは選手たちにそれぞれのパーソナリティを強く出すことを求めている(PA)

 

チェルシーの監督を務めているフランク・ランパード。

大型補強を行い、今シーズンこそタイトルの獲得に向けて動いている途中だ。

そこでランパードは新たな選手たちが多く加入したことであることを彼らに求めている。

それがそれぞれのパーソナリティを強く押し出すことだ。

フランク・ランパード今のチェルシーにはリーダーが必要だ。チーム内でパーソナリティを発揮し、チーム内でリーダーとなれる選手が。個人レベルでそれを高め、コミュニケーションを取ることですべての選手が責任ある選手になるんだ。”

チェルシーのジョルジーニョは夏にアーセナル移籍の可能性があった(ESPN Brazil)

Chelsea's Jorginho says that he was

チェルシーに所属するジョルジーニョは今夏の移籍市場でアーセナル移籍の可能性があったようだ。

アーセナルはリヨンに所属するホッセム・アワール獲得を狙っており、その代役としてチェルシーのジョルジーニョがリストに挙がっていたようだ。

しかし、結局彼らはトップターゲットであるトーマス・パーティの獲得に成功したことでロンドン内での移籍は行われなかった。

ジョルジーニョ本人はアーセナル移籍に対してオープンと答えており、仮にクラブが納得するオファーを提示していれば成立していたかもしれない。

また、ユベントスからの興味もあったジョルジーニョだが、今夏はチェルシーに残留しており既に6試合に出場、そして3ゴール1アシストを記録している。

 

エメルソンに対して1月にも3つクラブが獲得に動くか(Sky Italia)

Three clubs planning January bid for Emerson?

チェルシーに所属するエメルソンベン・チルウェルの加入の影響もありチェルシーでの居場所を既に失っている状況だ。

今夏での移籍も噂されていたが、結局残留しチーム内でポジション争いを繰り広げている。

しかし、本人は2021年のシーズン始まりまでチェルシーに留まるつもりはなく冬にも出て行く考えを持っている。

そんなエメルソンに近づいているのがイタリアの3つのクラブだ。

ユベントス、ナポリ、インテルが獲得に興味を持っており、かつて活躍していた舞台に戻る可能性が高くなっている。

チェルシー側は完全移籍での売却のみと考えておらず、ローンでの放出に来夏の買い取りオプションをつける形でも検討しているようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました