<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

チェルシーの移籍、噂まとめ ランパード監督は守備における競争を作りたいと考えている

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェルシーの移籍、噂まとめ ランパード監督は守備における競争を作りたいと考えている

スポンサーリンク

チェルシーのフランク・ランパード監督は守備陣の中に競争を作ることを望んでいる(PA)

 

チェルシーはチャンピオンズリーグ出場権の獲得へ近づく試合に敗北をしてしまった。

シェフィールドユナイテッドとの戦いに0-3で負けたチェルシーは大きな課題を残すことになったのだ。

フランク・ランパード監督はかつてジョン・テリーリカルド・カルヴァーリョが鉄壁の守備を築き上げているのを目の前で見ており、彼自身守備の重要さを理解している。

今回の敗北を受けて、彼は守備をより強化したいと考えている。

フランク・ランパード ”ボールがボックス内に入る回数が多くなっている。これは上手く守備が機能していない証拠だ。失点は嫌いだし、なんとかしなければならない。”
”現代サッカーでは1つのパートナーシップさえあればいいという考えは存在しない。かつて私はジョン・テリーとリカルド・カルヴァーリョのコンビを見ていたが、もう少し組み合わせを多くしなければならないのだ。”
”毎試合、センターバックを2人選ばなければならないがそれに見合うだけの活躍を続ける必要がある。この2枠を勝ち取るためにハードワークをし続けるんだ。”

チェルシーのウィリアンはインテル・マイアミへの加入を拒否(The Telegraph)

Chelsea winger Willian 'rejects lucrative MLS move'

チェルシーに所属する31歳のブラジル代表、ウィリアンは今夏でチームを離れることがほぼ確定している。

チェルシーは2年間の契約延長のオファーを出したものの、ウィリアンは3年間の契約を望んでいるため折り合いがつかないまま破断となったのだ。

フリーとなるウィリアンに対しては同じロンドンに拠点を構えるトッテナムアーセナルが獲得を狙っていると言われているが、アメリカからデイビッド・ベッカム率いるインテル・マイアミもウィリアンを欲しがっているクラブの1つなのだ。

しかし、ウィリアンはアメリカへ行く選択肢を考えてはおらずかつてプレミアリーグで活躍したベッカムからの誘いを断る形となる。

年齢を考慮してもまだ欧州で活躍したいと考えているためだ。

果たして、同じロンドンのチームに行くのか、違うリーグで挑戦するのか、それとも。

 

チェルシーはマンチェスターユナイテッドとともにデクラン・ライスの争奪戦へ(Football Insider)

Man United to rival Chelsea for Declan Rice?

ウェストハムユナイテッドに所属するデクラン・ライスはボランチとして高い評価を得ており、元々センターバックとしてプレーしていただけのその守備能力は多くのクラブが欲しがるほどだ。

ライスに対してはチェルシーやマンチェスターユナイテッドといった国内クラブが獲得を狙っている。

かつてチェルシーのアカデミーに所属していたこともあり、彼らは獲得のチャンスが十分にあると予想している。

対するマンチェスターユナイテッドは断り切れないビッグなオファーを提示するとみられている。

ライスはウェストハムユナイテッドとの契約を残り4年残しているものの、既に今夏でチームを離れると言われており移籍は既定路線なのだろう。

期待の若きイングランド人はステップアップを果たすことになるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました