<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

トッテナムの移籍、噂まとめ アトレティコマドリーのサビッチ獲得を検討か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トッテナムの移籍、噂まとめ アトレティコマドリーのサビッチ獲得を検討か

 

スポンサーリンク

トッテナムはアトレティコマドリーのステファン・サビッチ獲得を検討している(Mundo Deportivo)

トッテナムはヤン・フェルトンゲンの契約が今シーズン限りとなっており、フリーでの退団がほぼ確定しているため後釜を必要としている。

そこで候補として挙がったのがアトレティコマドリーステファン・サビッチだ。

サビッチは2015年にフィオレンティーナからアトレティコマドリーに移籍するとこれまでに150試合以上に出場している。

非常に経験も豊富なディフェンダーだが、契約はまだ2年残している状態だ。

年齢と契約の関係から恐らく£20m前後のオファーでアトレティコマドリーは放出を許可する可能性がある。

ちなみにサビッチは2011年にマンチェスターシティでプレーした経験もある。

果たして再びイングランドへ戻る選択肢を取るのだろうか。

トッテナムはアタランタのゴールキーパー、ピエルルイジ・ゴリーニの移籍金を確認(Gazetta Delo Sport)

Spurs learn Gollini asking price?

アストンヴィラで失敗してしまったピエルルイジ・ゴリーニは2017年に加入したアタランタで栄光の日々を過ごしている。

今やセリエAのみならず世界でもトップクラスの攻撃力を持つチームとして知られてるアタランタだが、その守護神として君臨しているのがゴリーニなのだ。

トッテナムはフランス代表ウーゴ・ロリスの長期的な後釜を欲しており、その候補として挙がったのがゴリーニだ。

しかし、トッテナムは財政的に余裕がない状況のため獲得はすべて移籍金次第となる。

そのためアタランタへゴリーニの金額を確認し、それをが£22mだという。

まだ3年以上の契約を残しているゴリーニだが、これから黄金期を迎えるやも知れぬチームを離れトッテナム加入という決断を下すのだろうか。

ヴィクター・オシムヘンの代理人はトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督を話をしたことを認めたる(The Cable)

Osimhen agent confirms talks with Mourinho

リーグアンで屈指のアタッカーとして知られ、トッテナムがハリー・ケインの新たなオプションとして獲得を望む話であったりマンチェスターユナイテッドが若きチームに加えようとしているという話もあるなど人気銘柄となっている。

ライバルであるアーセナルもオシムヘン獲得を望んでいると言われているが、なんとトッテナムが一歩リードしたようだ。

オシムヘンの代理人はトッテナムの指揮官であるジョゼ・モウリーニョと話をしたことを認めたのだ。

ヴィクター・オシムヘン代理人 ”ジョゼ・モウリーニョと話をしたんだ。オシムヘンを欲しがるということはハリー・ケインが去るということなのか?と聞いたよ。仮にケインが残るならオシムヘンに十分な時間は与えられるのかな。ケインは彼らにとって唯一の存在であり代表でもキャプテンマークを巻いている。”
”オシムヘンに必要なのは毎試合フルで試合ができる環境だ。ベンチに置いておくことは望ましくない。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました