<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

トッテナムの移籍、噂まとめ ホイビュルク獲得のためにあの選手を差し出す?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トッテナムの移籍、噂まとめ ホイビュルク獲得のためにあの選手を差し出す?

 

スポンサーリンク

トッテナムはカイル・ウォーカー・ピータースをサウサンプトンMFホイビュルク獲得のために差し出すか(Football London)

サウサンプトンに所属するピエール・エミール・ホイビュルクはここ数年でより大きなクラブへの移籍をしたい夢を語っている。

そんなホイビュルクの声を聞いて動いたのはトッテナムだ。

トッテナムは今夏の中盤を強化するための補強ターゲットとしてホイビュルクを挙げているが、サウサンプトンが求める金額とトッテナムが出せる金額に大きな差が開いている。

そこでトッテナムはカイル・ウォーカー・ピータースを取引の一部として譲渡する考えを持っている。

サウサンプトンはセドリック・ソアレスアーセナルに売却し、右サイドバックに人材を求めている最中だ。

 

モナコはセルジュ・オーリエ獲得に興味を持っている(Sky Sports News)

Monaco 'interested in Tottenham's Serge Aurier'

27歳のセルジュ・オーリエパリサンジェルマンからトッテナムへ移籍をし、今シーズンも35試合に出場している。

しかし、それでも彼はまだチームにとってベストな右サイドバックとは言えない存在なのだ。

ジョゼ・モウリーニョは彼の守備面を指摘しており新たな選手が必要なことも示唆している。

そこで売却候補となっているオーリエに対してモナコが獲得に興味を持っているのだ。

オーリエはパリサンジェルマン時代に2つのトロフィーを勝ち取っており、フランスリーグを最も理解している1人として認識されている。

 

トッテナムのジョゼ・モウリーニョはラツィオの大型MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ獲得を熱望している(Foot Mercato)

Spurs boss Mourinho keen on Milinkovic-Savic?

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は今夏に大きな金額を使うことはできず、主に移籍市場ではローンやフリーでの獲得がメインになることを示唆していた。

しかし、モウリーニョにとっての理想の選手はラツィオに所属する大型MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチである。

かつて1億€の男と呼ばれていたこともあり、今でもなおその実力が本物であることを証明し続けている。

ミリンコビッチ=サビッチの価格は最低でも£50mはかかると言われており、選手の売却を行わない場合手を出すことはできない。

クラブと使える資金についての話をすると言われているが、獲得に青信号が点灯すれば確実に正式なオファーを提示するだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました