<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

トッテナムの移籍、噂まとめ ムニエ獲得レースでリードへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トッテナムの移籍、噂まとめ ムニエ獲得レースでリードへ

 

スポンサーリンク

トッテナムはパリ・サンジェルマンのトーマス・ムニエ獲得レースでリードへ(Le Parisien)

パリ・サンジェルマンに所属する大型の右サイドバック、トーマス・ムニエはこれから新たなチャレンジをすることに興味を持っており今夏で切れる契約の延長をしない方針だ。

そのため、マンチェスターユナイテッドアーセナルらがフリーでの獲得を目指しておりどこに行くのかに注目が集まっている。

そんな中、子の獲得レースをリードしているのがキーラン・トリッピアーの後釜確保に苦戦しているトッテナムだ。

トリッピアーが移籍し、セルジュ・オーリエスティーブン・タンガンガらが期待されていたものの残念ながらジョゼ・モウリーニョを満足させるパフォーマンスには至っていない。

また、ムニエにはアフラム・ハキミをレアルマドリーから完全移籍で獲得ができない場合ドルトムントが獲得に動くようだ。

 

トッテナムは今夏でフリーとなるチェルシーのウィリアン獲得へ近づいたか(beIN Sports)

Willian 'has already sealed Spurs move'

チェルシーのアタッカー、ウィリアンはクラブが契約延長に失敗したことを認めたため今夏にフリーで移籍となる。

国内外を問わずウィリアンに対してはオファーが来ると思われているが、この獲得レースをリードしているのは同じくロンドンに本拠地を構えるトッテナムのようだ。

かつてウィリアンはジョゼ・モウリーニョの下でプレーしており、既に2人は何らかのコンタクトを取っていると言われている。

彼はモウリーニョとは良い友人関係にあることを認めている。

 

 

ルーカス・モウラ代理人「モウラはトッテナムで幸せだ」(ESPN)

Agent: 'Moura happy to stay at Spurs'

2018年にトッテナムにやってきてから重要なゴールをいくつか決めているルーカス・モウラ。

彼の攻撃はこれまでトッテナムにとって貴重なものであった。

しかし、今シーズンのチームの失態は彼の心を移籍に傾けるのではないかと言われている。

そんな中、ルーカスの代理人は彼自身はトッテナムで幸せであるとコメントしている。

”彼は今、世界で最も競争力の高いリーグにいる。トッテナムはタイトルを十分に狙えるチームであり、彼は残ってこの物語を続けるつもりだよ。ジョゼ・モウリーニョはタイトル獲得のために必ず何かを起こすはずだ。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました