<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

ベルナルド・シウバはアーセナル移籍を拒否の形へ 他1つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルナルド・シウバはアーセナル移籍を拒否の形へ 他2つ

スポンサーリンク

今夏移籍の噂のベルナルド・シウバはアーセナル移籍を拒否へ(Transfer Talk)

Bernardo Silva 'rejects chance to join Arsenal'

マンチェスターシティの監督であるペップ・グアルディオラはポルトガル代表MFのベルナルド・シウバが今夏にも退団する可能性があることを認めている。

シウバに対してはアトレティコマドリーバルセロナといったチームらが獲得に興味を示す一方で、プレミアリーグのクラブからのアプローチも多くあり、中でもアーセナルが獲得に本腰を入れると言われている。

しかし、シウバ本人がアーセナルへの移籍のチャンスを拒否するとされているのだ。

シウバはスペインへ住みたい思いが強く、プレースタイルに馴染んだイングランドへ残る選択肢は今のところ持っていないと言われている。

残り4年の契約を残すシウバだが、今夏も大型補強を繰り返す可能性のあるマンチェスターシティをついに退団するのだろうか。

アーセナルはピエール・エメリク・オーバメヤンの今夏での退団に対してオープンな姿勢(The Times)

Arsenal 'willing to sell Aubameyang this summer'

2018年にドルトムントからアーセナルに加入し、その後148試合に出場し85ゴール19アシストを記録しているピエール・エメリク・オーバメヤン。

プレミアリーグでも屈指のストライカーとして活躍していたオーバメヤンは昨シーズン少々調子を崩し、シーズン10点に留まっていた。

そんなオーバメヤンに対してミケル・アルテタは手放すことのできない選手とは見ておらず、移籍に対してオープンな姿勢を貫くとされている。

理由としては高額なサラリーであり、週給4500万円を受け取るオーバメヤンを保持し続けることは財政的に大きな負担となっているのだ。

リーグを代表する快速ストライカーは今夏で退団となるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました