<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ セルジ・ロベルト獲得の可能性を探る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ セルジ・ロベルト獲得の可能性を探る

スポンサーリンク

マンチェスターシティはバルセロナのセルジ・ロベルト獲得の可能性を探っている(Sport)

Man City 'keen to sign Sergi Roberto this summer'

バルセロナのユースを卒業し、そこからトップチームで活躍しているセルジ・ロベルト。

今シーズンも右サイドバックとしてチームを大きく支えており、替えの利かない選手となっている。

そんなロベルトにはマンチェスターシティが獲得の可能性を探っており、ペップ・グアルディオラが考える右サイドバックとしての理想的なターゲットとされている。

しかし、同じ右を主戦場とするネルソン・セメドに移籍の噂があることから、バルセロナ側はいかなるオファーも拒否する構えを崩さないと思われる。

クラブとは2022年まで契約を残しているが、マンチェスターシティ側は今夏の移籍でより高いサラリーを支払うことも示していると言われているが果たして。

マンチェスターシティとチェルシーはダビド・アラバの状況を変わらず注視している(The Telegraph)

Chelsea, Man City 'keeping tabs on Alaba'

バイエルンで活躍する世界屈指の器用さを持つダビド・アラバ。

左サイドバックやセンターバック、中盤をこなすことのできるアラバはクラブでも重宝されて居る存在だがその契約は残り1年となっている。

クラブは契約延長を狙っているもののアラバとの延長にかかるサラリーも気にしている状態なのだ。

そんな状況を長く注視しているのがマンチェスターシティとチェルシーだ。

互いに多くのポジションをこなせるアラバの獲得を狙っており、今夏にもオファーを提示するのではと言われている。

また、アラバにはレアルマドリーパリ・サンジェルマンといったクラブも獲得を狙っていると言われているが果たして。

 

マンチェスターシティは£41mでネイサン・アケ獲得に合意(PA)

Manchester City agree £41m deal with Bournemouth for Nathan Ake

マンチェスターシティはついに新たなセンターバックの獲得に成功したようだ。

ボーンマスは降格しており、ネイサン・アケが移籍を決断したのだ。

マンチェスターシティは以前よりアケの獲得を狙っており、チームの降格に伴いオファーを提示し、獲得に成功した。

マンチェスターシティは今夏、大金を使って補強することを示唆しており既にバレンシアフェッラン・トーレスも獲得で合意していると言われている。

既にチェルシーとボーンマスで実力を証明しているアケは新たな挑戦地で期待された通りの活躍はできるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました