<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ デブライネはチームが欧州大会追放なら移籍か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ デブライネはチームが欧州大会追放なら移籍か

 

スポンサーリンク

ケヴィン・デブライネはマンチェスターシティがこのまま2年間の欧州大会追放処分が決まれば移籍か(Het Laatste Nieuws)

マンチェスターシティは危機に瀕している。

UEFAから2年間のチャンピオンズリーグ出場処分を下されたからだ。

仮にこの処分が決定してしまえば多くの損害が出ると考えられている。

マンチェスターシティで絶対的な選手となっているケヴィン・デブライネは地元ベルギー紙のインタビューで処分が決まれば移籍することを示唆している。

 

”今はただ、待っている。クラブは僕に言ってきたんだ。自分たちが100%正しいことをこれから証明すると。だから待っている。”
”2年間はとても長い。僕は競争力があり、自分がベストになれるように成長できるクラブでプレーをする。ペップはおそらく残るだろうね。そして2021年までの契約を全うする。でもペップが残ったとしても僕の決定には何ら影響を与えない。”
”もちろん、練習は続けているよ。ハードワークしなきゃね。だけど、実際には重要な問題がたくさんあることを忘れてはいけないんだ。”

バイエルンはリロイ・サネの獲得に関してマンチェスターシティに£60mを支払う(Sky Deutschland)

Bayern Munich 'will only pay £60m for Leroy Sane'

大怪我でシーズンの大半を棒に振り、バイエルンからの噂も消えてしまったリロイ・サネ。

しかし、怪我から復活した今はバイエルンからの噂も再び浮上している。

既に交渉が進んでいるという話もあるが、どうやらバイエルンはサネの獲得に対して支払う金額の上限を£60mに決めたようだ。

マンチェスターシティには本来サネの放出に£87mを必要としていたが、今後この差額がどのような影響を与えるのだろうか。

また、サネの代理人はバイエルン以外にもサネに対するオファーが来ることを示唆している。

ドイツ代表の快速アタッカーは今夏、活躍の場を変えてしまうのか。

マンチェスターシティがレアルマドリーとリーベルのディフェンダーを争奪か(Calciomercato)

Man City, Real Madrid 'battling for River Plate centre-back'

南米の強豪クラブであるリーベルプレートに所属しているルーカス・クアルタは23歳ながらリーベルで96試合に出場しており欧州からも注目を受けている。

今夏の移籍市場ではマンチェスターシティがとレアルマドリーがクアルタを獲得するためにオファーを出すとみられており、リリース条項である£19.3mを支払う準備ができているようだ。

どちらのクラブもディフェンスラインに若く実力のある選手を据えたいと考えているようだ。

また、クアルタに対して興味を持っているクラブはこの2クラブ以外にもインテル、アヤックス、そしてドルトムントが含まれている。

人気銘柄となっているリーベルDFはどのクラブを選択するのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました