<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ バイエルンはサネ獲得に値引きを要求か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ バイエルンはサネ獲得に値引きを要求か

 

スポンサーリンク

バイエルンはリロイ・サネの獲得に関しマンチェスターシティに要求(Manchester Evening News)

 

バイエルンは依然としてリロイ・サネの獲得に興味を持っている。

サネは昨シーズンにもバイエルンから獲得のオファーがあったとされているが、コミュニティシールドのリバプールとの戦いで大怪我を負ってしまい話は流れてしまっていた。

サネのマンチェスターシティとの契約は残り1年となっており、来夏が売却する最後のチャンスかもしれない。

そこでバイエルンは怪我の件も合わせてマンチェスターシティにサネの値段を下げるように要求している。

また、価格の値引きに関しては今回のコロナウィルスによるオーナー企業への影響もあるとされている。

 

パウ・トーレスはマンチェスターシティのために英語を勉強中?(El Periodico Mediterraneo)

Pau Torres learning English amid Arsenal, Man City links

ビジャレアルに所属する23歳のディフェンダー、パウ・トーレスにはマンチェスターシティやアーセナルが来夏にも獲得に動くのではないかと噂されている。

ビジャレアルでは素晴らしいシーズンを過ごしており、£43mものリリース条項がつけられているがバーゲン価格になる可能性も高い。

トーレスはインタビューで英語を勉強していると明かしたがそれは移籍のためなのだろうか。

”今の僕は朝起きてからしっかりトレーニングをしている。そのあとはクラブのガイドラインに沿った食事を摂っているよ。午後からは英語の勉強をしているね。今は外に出ることができないから勉強するちょうどいい機会だよ。”

リロイ・サネのバイエルン移籍は消滅の可能性もある(Goal)

Sane move to Bayern 'left in limbo'

バイエルンリロイ・サネ獲得はまたもや無くなってしまうかもしれない。

昨シーズンに獲得の打診があり、移籍が濃厚とされていたものの大怪我により保留となってしまったバイエルンのサネ獲得。

今シーズン終了後にもう一度マンチェスターシティに対してオファーを送ると思われていたがその前に彼らはチームの在籍状況を見直す必要があるようだ。

今回のコロナウィルスの影響は大きく、怪我をしたものの24歳と若く実績もあるサネの獲得には£100m程度かかるとみられておりバイエルンが捻出できるかどうかわからない額となっている。

バイエルン側は値引きも要求するようだが最悪の場合2年続けて獲得を逃す可能性もある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました