<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ ラウタロをバルセロナから強奪か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ ラウタロをバルセロナから強奪か

 

スポンサーリンク

マンチェスターシティはバルセロナからラウタロ・マルティネスを強奪か(The Sun)

 

バルセロナルイス・スアレスの長期的な代役を探しており、インテルラウタロ・マルティネスに照準を合わせている。

しかし、マンチェスターシティはそんなバルセロナからラウタロを強奪する形で契約を取りまとめようとしている。

彼らはインテルが求める£81mという移籍金を支払う準備ができており、インテル側も納得するとみられている。

ラウタロは今シーズン、21ゴールを決めておりまさに絶好調の1年を過ごしている。

ペップ・グアルディオラはセルヒオ・アグエロが2021年までの契約を延長しないと見込んでおり、その代役としてラウタロを獲得を狙っている。

 

バルセロナはマンチェスターシティのアンヘリーニョ獲得に興味を持っている(PA)

Barcelona interested in £26.5m deal for Manchester City's Angelino

 

マンチェスターシティは既にバルセロナに対し、アンヘリーニョの値段が£28mであることを伝えている。

アンヘリーニョは昨シーズン、PSVでシーズンを過ごしていたがかつて在籍していたマンチェスターシティに再び買い戻しという形で戻ってきた。

しかし、その後チームを離れRBライプツィヒへとローンで加入し、印象的なプレーを見せていた。

バルセロナはアンヘリーニョ獲得を望んでおり、既に新監督であるロナルド・クーマンと話をしているとも言われている。

果たして、RBライプツィヒのチャンピオンズリーグ躍進を支えたメンバーの1人であるアンヘリーニョは再びクラブを離れバルセロナに加入することになるのだろうか。

 

マンチェスターシティはトッテナムのハリー・ケインを欲しがっている(The Sun)

Kane 'wanted by Man City as Aguero replacement'

 

トッテナムのエースを務めるハリー・ケインは今シーズン、怪我の影響もあり満足なシーズンを送ることはできなかった。

しかし、それでも34試合に出場し24ゴールを決めているのはさすがエースといったところだろうか。

そんなケインに対してはマンチェスターシティが獲得を熱望しており、セルヒオ・アグエロの完璧な代役として考えている。

しかし、ペップ・グアルディオラは同時にそれが不可能であることも認めている状況だ。

彼らはインテルラウタロ・マルティネスにターゲットを移しており、バルセロナとの一騎打ちになるとみられている。

ケインに関しては、クラブが正しい方向へ進んでいないと判断すれば退団希望を申し出ると言われており、そうなると話は大きく変わってくるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました