<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターユナイテッドの移籍、噂まとめ グリーズマンをバーゲン価格で獲得か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドの移籍、噂まとめ グリーズマンをバーゲン価格で獲得か

 

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドはアントワーヌ・グリーズマンをバーゲン価格で獲得か(Duncun Castles)

 

2018年のワールドカップにフランス代表として出場し、見事に優勝したアントワーヌ・グリーズマン。

レアルソシエダからアトレティコマドリーに移ってからもコンスタントな活躍を見せ一気に世界を代表するアタッカーへと登り詰めた。

多くの批判があったもののライバルであるバルセロナへと移籍をし、アトレティコマドリーで成し遂げられなかったことを目指している。

しかし、バルセロナにおいて絶対的な存在になっているとは言い難くチームも今回のコロナウィルスの影響などで財政的に非常に厳しい状況となっている。

そこで彼らが考えらのがグリーズマンの売却だ。

多額の移籍金を投入し獲得したため少しでも取り返すため、そして今夏に行う補強資金の調達をすると思われる。

そこで手を挙げたのがマンチェスターユナイテッドだ。

ブルーノ・フェルナンデスをはじめ多くの実力派を補強し着実にタイトル奪還へと近づいている名門はかつて噂のあったグリーズマン獲得へ動き出しそうなのだ。

また、給与負担が非常に大きくなっているバルセロナは今夏での売却を希望しているためバーゲン価格での獲得が可能となるようだ。

 

ジェシー・リンガードはアーセナル移籍よりもマンチェスターユナイテッド残留を選ぶ(The Merto)

Lingard 'to snub Arsenal and fight for United place'

 

マンチェスターユナイテッドでアタッカーとして活躍するジェシー・リンガード。

一時期はオレ・グンナー・スールシャール政権において欠かすことのできない選手と評されるなど一気に評価を高めていた。

しかし、最近は絶不調が続いており監督からの信頼もすっかり失ってしまっている。

そんなリンガードにはアーセナルが獲得の可能性を探っていたようだが本人はあくまでマンチェスターユナイテッド残留を希望するようだ。

ポジションを再び確保するために残って戦う選択をしたがこれを受けてアーセナルはどう動きだすのか。

 

オレ・グンナー・スールシャールには補強日£150mが与えられる(The Merto)

Report: Solskjaer given £150m transfer budget

若手の起用を積極的に行うなど不調を極めていたマンチェスターユナイテッド復権のために尽力しているオレ・グンナー・スールシャール。

ブルーノ・フェルナンデスら新戦力を加え来シーズンに向けて着々と準備を進めている。

マンチェスターユナイテッドはそんなスールシャールの後押しを行うために補強費として£150mを用意しているようだ。

彼らのトップターゲットはドルトムントジェイドン・サンチョと言われており、ゆうに£100mを超えるのではとも言われている。

また、アストンヴィラで10番をつけてプレーしているジャック・グリーリッシュ獲得にも興味を持っており攻撃陣の整理を行う。

これら2人を£150mで獲得することは難しく、チームとしては余剰戦力となっているアンドレアス・ペレイラジェシー・リンガードの売却によって資金を調達するとみられている。

来シーズン開幕時のスターティングメンバーがどうなっているのか、楽しみに待っていよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました