<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターユナイテッドの移籍、噂まとめ シュクリニアルに対し巨額オファーを提示

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドの移籍、噂まとめ シュクリニアルに対し巨額オファーを提示

 

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドはインテルDFミラン・シュクリニアルに対して£58mのオファーを準備か(TuttoSport)

マンチェスターユナイテッドは昨夏にレスターシティからハリー・マグワイアを獲得し、守備の強化を行っている。

彼らはまたもや実力のあるセンターバックを補強することを考えているようだ。

インテルミラン・シュクリニアルは今や世界で最も評価されているセンターバックの1人であり、マンチェスターシティなどのクラブが獲得に興味を示していると言われていた。

そんな中でマンチェスターユナイテッドは具体的なオファーを用意しており、その額は£58mとも噂されている。

しかし、アントニオコンテは以前にシュクリニアルの値段を聞かれた際に£71mは最低でも必要と答えており現状獲得は困難だと思われる。

シュクリニアルは今シーズン、インテルで36試合に出場している。

 

マンチェスターユナイテッドはクリスタルパレスのアレクアンダー・セルロート獲得に関心を強めている(Fanatik)

Man United 'weighing up Alexander Sorloth move'

クリスタルパレスからトラブゾンスポルへローンで移籍しており、ここまで45試合に出場し29ゴール10アシストを記録しているFWアレクアンダー・セルロート。

昨シーズンは20試合で1ゴールを期待外れだっただけに大きな躍進を果たしている。

クリスタルパレスはこの成長を見て来シーズンはセルロートを試す方針で固めているが、横やりが入りそうなのだ。

マンチェスターユナイテッドがセルロート獲得を狙っており、今夏にもオファーを出す可能性がある。

セルロートのクリスタルパレスとの契約は2022年までとなっている。

 

マンチェスターユナイテッドはフェデリコ・キエーザ獲得に£50mで近づいているか(Correiro Fiorentino)

Man United closing in on Federico Chiesa?

 

フィオレンティーナでひときわ輝く存在であるフェデリコ・キエーザ。

イタリア希望の若手として注目されており、キエーザ本人も今シーズンは6ゴール3アシストを記録しその期待に応えようとしている。

多くのクラブがキエーザ獲得を狙っている中、ドルトムントジェイドン・サンチョ獲得を失敗したマンチェスターユナイテッドが£50mというオファーで近づいているのだ。

しかし、キエーザ本人はまだ気持ちを固めておらずシーズンがすべて終了してからの判断になるようだ。

ユーロ2020の出場に向けキエーザは出場時間の確保を優先しているため今夏の獲得は困難になる可能性もあるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました