<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターユナイテッドの移籍、噂まとめ コンドグビアの獲得を検討か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドの移籍、噂まとめ コンドグビアの獲得を検討か

 

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドはバレンシアのジェフレイ・コンドグビアの獲得に興味を持っている(FootMercato)

Man United 'interested in Geoffrey Kondogbia deal'

バレンシアに所属する27歳のMFジェフレイ・コンドグビアは今シーズン、リーグ戦27試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。

コンドグビアは残り2年の契約を残しているものの、多くのクラブが獲得を狙っていると言われている。

その中でもマンチェスターユナイテッドがコンドグビア獲得に興味を持っており、今夏にも動く可能性があるというのだ。

コンドグビアはインテルに在籍していたこともあり、インパクトを残すことに失敗したのちにバレンシアへローンで加入した。

その後完全移籍でバレンシアの選手となった彼はチーム内でも重要な選手の1人となっている。

果たしてマンチェスターユナイテッドはスペインで印象を残すコンドグビア獲得を成功させるのだろうか。

 

マンチェスターユナイテッドはスポルティング・リスボンに対して追加で£9mを支払う必要が発生するか(A Bola)

Man Utd to shell out further £9m in Fernandes clauses?

スポルティング・リスボンがボーナスを受け取る可能性が浮上している。

彼らはマンチェスターユナイテッドに対してMFブルーノ・フェルナンデスを売却し、フェルナンデス自身も新天地で躍動している。

この移籍には特別なアドオンがつけられており、それが20試合以上の出場とチャンピオンズリーグ出場権の獲得だ。

既にマンチェスターユナイテッドで20試合以上出場しているため、まずはスポルティングに対して£4.5mのボーナスを支払わなければならない。

さらにこのまま調子を落とさなければチャンピオンズリーグ出場権も獲得できるはずであり、合計で£9mのボーナスが発生する。

多くの資金をスポルティングに置いていったブルーノ・フェルナンデスだが、ここにきてさらに経済的なボーナスを提供することになるのか。

 

マンチェスターユナイテッドはジェイドン・サンチョ獲得に£80m以上を支払うつもりはない(Daily Star)

Man Utd 'make take it or leave it £80m offer for Sancho'

今夏の移籍市場で最も注目されているオペレーションの1つがジェイドン・サンチョの去就だ。

マンチェスターユナイテッドは大金を用意し、ドルトムントのスターを獲得に向かうと言われており具体的なオファーも出るのではないかと噂されている。

ドルトムント側は£100mのオファーなら聞き入れる姿勢を示しているが、どうやらマンチェスターユナイテッドに£80m以上を支払う気持ちはないようなのだ。

しかし、彼らはドルトムントが£80mのオファーでも許容すると楽観視している。

マンチェスターユナイテッドは先日、以前からターゲットにしていたジュード・ベリンガムがドルトムントに移籍し若きスターを逃したばかりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました