<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドはエドゥアルド・カマヴィンガに正式オファーへ 他1つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドはエドゥアルド・カマヴィンガに正式オファーへ 他1つ

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドがフランスの新星、エドゥアルド・カマヴィンガ獲得へ正式なオファーを準備か(Fabrizio Romano)

Man United 'offered hope of signing Eduardo Camavinga'

ラファエル・ヴァラン、ジェイドン・サンチョと世界でも屈指の実力を持つ選手の獲得に成功したマンチェスターユナイテッド。

しかし、彼らはチーム強化のために更なる補強を考えているようだ。

フランスの新星であるレンヌエドゥアルド・カマヴィンガはマンチェスターユナイテッドのターゲットとなっており正式なオファーも準備していると伝えられている。

レンヌが付けている価格は45億円であり、本来のポテンシャルを考慮するとバーゲン価格と言えるかもしれない。

カマヴィンガは今シーズン終了後に契約も同時に終了となり、フリーでの移籍が可能となるため、レンヌ側はフリーでの退団を避けるべく多少値段を下げた状態での売却を検討している。

マンチェスターユナイテッド以外にもパリ・サンジェルマンレアルマドリー、チェルシーらも獲得を狙っていると言われているが赤い悪魔は一足早く手中に収めることができるだろう。

マンチェスターユナイテッドとトッテナムはノニ・マデュエケの獲得を検討か(The Mirror)

Man United, Tottenham 'learn Noni Madueke price'

トッテナムにユースでプレー経験のある現在PSVに所属する19歳の攻撃的ミッドフィルダーであるノニ・マデュエケ

今シーズンは既にオランダで2試合に出場しており、2ゴールを決めるなど欧州のクラブが注目する活躍を早速見せている。

そんなマデュエケに対してはマンチェスターユナイテッドと古巣であるトッテナムは獲得を狙っているが、PSV側は60億円の移籍金を要求するとみられており簡単に手が出せない状況となっている。

また、マデュエケはレスターシティウルブズらのターゲットにもなっており今夏の目玉選手として名乗りを上げるかもしれない。

次世代のスターはオランダを経て一体どこに行くのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました