<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドはコランタン・トリッソ獲得には興味を示さずか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドはコランタン・トリッソ獲得には興味を示さずか

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドはコランタン・トリッソの獲得に興味を示さずか(PA)

Man United 'are not considering Corentin Tolisso move'

バイエルンに所属する27歳のミッドフィルダー、コランタン・トリッソは新たにチームの監督となったユリアン・ナーゲルスマンの構想に入っていないとされている。

そんなトリッソに対してはマンチェスターユナイテッドとアーセナルが獲得のターゲットとしていると噂されており、今夏の移籍市場でオファーを提示するとみられていた。

しかし、マンチェスターユナイテッドは実際にトリッソへの興味はなく、今夏に獲得する可能性が低いことが新たにわかったのだ。

2017年にリヨンからバイエルンに加入して以降、定位置を確保することに苦労しているトリッソだが、まだ年齢も若いため今夏での動きに注目が集まるだろう。

マンチェスターユナイテッドはレアルマドリーのルカ・ヨビッチ獲得へ前進か(Tribal Football)

Manchester United 'weighing up move for Luka Jovic'

フランクフルトで75試合に出場し36ゴールを記録し、レアルマドリーの目に留まったルカ・ヨビッチ。

その後カリム・ベンゼマに代わるストライカーとして期待とともに獲得されたが、実際には32試合に出場しわずか2ゴールと彼のスペインでの挑戦は失敗となったとの声も少なくない。

そんなヨビッチだが、新たなストライカーを探すマンチェスターユナイテッドが獲得に興味を示しているようだ。

監督のオレ・グンナー・スールシャールが今夏の移籍市場における最も魅力的なターゲットの1人として評価しており、今夏での獲得を目指している。

昨シーズンはローンでフランクフルトに戻ったもののレアルマドリーとの契約を4年残すヨビッチ。

移籍金含め今夏で退団する可能性はあるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました