<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

リバプールがクリストファー・ヌクンクの獲得に動きだすか 他2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールがクリストファー・ヌクンクの獲得に動きだすか 他2つ

スポンサーリンク

リバプールがクリストファー・ヌクンクの獲得に動きだすか(Liverpool Echo)

Liverpool considering Nkunku move?

水曜日に行われたチャンピオンズリーグ、マンチェスターシティ対RBライプツィヒは6-3でマンチェスターシティの勝利に終わった。

しかし、RBライプツィヒの3得点はすべてクリストファー・ヌクンクが記録したものであり、改めて彼のアタッカーとしての能力を示す試合にもなった。

そんなヌクンクに対してリバプールが獲得に動きだすとみられており、レッドブルグループとはこれまでも取引があることから関係性は良好である。

元々はパリサンジェルマンでプレーしていたヌクンクはRBライプツィヒ加入後、好調を保っており昨シーズンも40試合に出場して7ゴール11アシストと好成績を残している。

アタッカー不足と言われているリバプールだが、ドイツで結果を残す実力者の獲得は実現するのだろうか。

リバプールがロベルト・レヴァンドフスキ獲得に興味か(Fichajes)

Liverpool 'emerge as contenders for Lewandowski'

今年で33歳を迎えたものの、未だその能力は衰えることを知らないロベルト・レヴァンドフスキ。

バイエルンのエースとして君臨しているがそんな彼に移籍の噂が出てきているようだ。

その移籍先とはリバプールであり、前線の選手が不足していると言われている中実績十分であるレヴァンドフスキの獲得を検討していると一部メディアが報じている。

元々はレアルマドリーのターゲットと言われていたが、彼らのメインターゲットはドルトムントアーリング・ハーランドであり、レヴァンドフスキはハーランド獲得失敗時の代役として見られていた。

そのため、本腰を入れて獲得するのであればリバプールにも十分チャンスがあると判断されたのであろう。

かつてレヴァンドフスキを指導したユルゲン・クロップが指揮を執っており、実現すれば数年ぶりの共演となるが、どうなるか見ものとなるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました