<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ アヤックスのスクールス獲得を検討か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ アヤックスのスクールス獲得を検討か

 

スポンサーリンク

リバプールはアヤックスDFペール・スクールスに対して£27mのオファーを提示か(Correire dello Sport)

Liverpool to make £27m bid for Schuurs?

リバプールのセンターバック陣はフィルジル・ファンダイクの長期離脱にはじまり、ジョーゴメスも怪我で欠いているためかなり不安定な状況が続いている。

それにより中盤のプレーヤーであるファビーニョをやむを得ずセンターバックとして起用しているほどである。

しかし、最近になって中盤にも怪我人が出始めているため、センターバックへのコンバートが難しい状況となっている。

そこで彼らは新たな選手の獲得を考えており、アヤックスの21歳のディフェンダーであるペール・スクールスをターゲットにしたようだ。

既に£27mのオファーを用意しており、冬にも交渉を行うとみられている。

果たして、緊急となっているセンターバックへ実力のある選手を補強することは可能なのだろうか。

 

バルセロナはリバプールが狙うエゼキエル・ガライ獲得を画策か(Sport)

Barcelona 'could beat Liverpool to Ezequiel Garay'

バルセロナのセンターバック陣であるジェラール・ピケ、サミュエル・ウンティティ、ロナウド・アラウホらは怪我で離脱しており、やむを得ずチームはオスカル・ミンゲサを下部組織から引き上げている。

そこで彼らは補強を考えており、候補となっているのがリバプールも獲得を狙うエゼキエル・ガライだ。

ガライは現在フリーとなっているため即獲得が可能となっている。

2014年のワールドカップにも出場し、実力は証明されている選手のため獲得の可能性は十分にあると言われている。

ガライはかつてバルセロナのライバルであるレアルマドリーでプレーをしていた過去を持つ。

 

リバプールは来年にもレンヌのジェレミー・ドク獲得を検討か(HLN)

Liverpool considering future move for Doku?

ベルギーのアンデルレヒトで育成され、今シーズンにフランスのレンヌに加入したアタッカー、ジェレミー・ドク

既に今シーズンは9試合に出場しており、ベルギー代表としての5試合に出場している。

そんなドクに対して興味を抱いているのがリバプールだ。

リバプールは2021年にも獲得を検討しており、オファーの準備もしていると言われている。

レンヌ側はドクの獲得に£23mを費やしたため、完全に利益を出せるような金額でないと交渉すらできないだろう。

まだ18歳ながら将来的に期待されている選手として認識されているドク、早くもレンヌから移籍を決断することになるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました