<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ イスマイラ・サールの移籍金を満額支払う準備が完了

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ イスマイラ・サールの移籍金を満額支払う準備が完了

スポンサーリンク

リバプールはイスマイラ・サールの移籍金を満額支払う準備ができているか(The Sun)

 

ワトフォードに所属するアタッカー、イスマイラ・サールはプレミアリーグのデビューシーズンとなる昨シーズンに5ゴール4アシストを記録した。

彼の才能に着目するクラブは多く、中でも代表の仲間であるサディオ・マネを擁するリバプールが獲得に強い興味を示している。

リバプール戦でもゴールを挙げる活躍を見せたサール獲得には£40mの移籍金が必要と言われており、リバプール側も満額を支払う準備ができているというのだ。

アタッカーの獲得が必要と言われているリバプールは見事ターゲットを射止めることができるのだろうか。

 

RBザルツブルクに所属するパトソン・ダカに対してリバプールとマンチェスターユナイテッドが獲得に興味を持っている(Daily Mail)

Man Utd, Liverpool to battle for Patson Daka?

RBザルツブルクに所属するストライカー、パトソン・ダカは今シーズンのオーストリアリーグで31試合に出場し24ゴールを記録している。

RBザルツブルクは冬の移籍市場でアーリング・ハーランドをドルトムントに放出していたが、見事にその穴を埋める活躍を見せた。

そんなダカに対してはリバプールが獲得に興味を示しており、昨シーズンのチャンピオンズリーグでの対戦時に印象強いプレーを披露していたのだ。

また、リバプール以外ではマンチェスターユナイテッドがオファーを提示する可能性があり、この2チームによる獲得レースになるとみられている。

ただ、昨シーズンに5年契約で延長したため最低でも£20mの移籍金は必要になるだろう。

近年リバプールはサディオ・マネナビ・ケイタ、南野拓実などRBザルツブルクに所属していた選手らの獲得が増えているが、ダカもその一人になるのだろうか。

 

サディオ・マネはバルセロナ移籍に対してオープンな姿勢(スペイン紙)

Sadio Mane 'open to Barcelona move'

 

クラブのレジェンドであるリオネル・メッシの退団が現実味を帯びてきたバルセロナ

メッシの契約は来シーズン限りとなっているため、フリーで退団をさせるのではなく今シーズンの移籍で移籍金を得ようとクラブは考えている。

そこでメッシの代役となるスターを探しているが、そのターゲットがサディオ・マネに定まりそうなのだ。

マネはこれまでリバプールでのキャリアを非常に楽しんでいるが、28歳となる年齢を考えても新たなチャレンジをするならラストチャンスともいえる。

スペイン紙ではマネとユルゲン・クロップの関係はそれほど強くはないと言われており、獲得にチャンスは十分にあると言われている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました