<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ キエーザ獲得は実現可能性が低いか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ キエーザ獲得は実現可能性が低いか

スポンサーリンク

リバプールはユベントスのフェデリコ・キエーザ獲得を狙うが実現可能性は低いか(Sky Sports News)

Liverpool 'unlikely to make Federico Chiesa move'

ユーロ2020において優勝を果たしたイタリア代表の中でさらにその評価を高めることに成功したフェデリコ・キエーザ。

アタッカーとして完成されているキエーザは多くのクラブが狙う今夏の移籍市場におけるトップターゲットと言われており、中でも前線の若返りを目指すリバプールが獲得に強い興味を示していると報じられていた。

しかし、ユベントス側は£86mの移籍金を必要としており、この資金を捻出することが困難なため、リバプールが獲得に向かうことは実現しないとされている。

2022年にユベントスへの完全移籍となるキエーザにはチェルシーやマンチェスターシティなど他のクラブもオファーを提示するとも言われており、今夏での動向が注目されている。

ミランのフランク・ケシエはリバプール移籍を行わずミラン残留を決断か(Gazetta dello Sport)

Franck Kessie rules out Liverpool move

ジョルジニオ・ワイナルドゥムを失ったリバプールは新たに中盤の選手を今夏の移籍市場で探しており、その中でもトップターゲットの一人となっているのがミランフランク・ケシエだ。

ケシエは今年のオリンピックにコートジボワール代表として出場しているが、リバプールを含む移籍を検討しておらずこの先もミランに残ることを決意したと言われている。

また、スポールディレクターを務めるパウロ・マルディーニとの仲も良好であり相思相愛状態となっている。

リバプールはケシエ以外にもアトレティコマドリーサウール・ニゲス、リヨンホッセム・アワール、レスターシティユーリ・ティーレマンスらをリストアップしているがこの中から無事に獲得を成功させることはできるのだろうか。

リバプールとチェルシーはアトレティコマドリーのサウール・ニゲス獲得に本腰を入れるか(Marca)

Liverpool, Chelsea 'in contact over Saul Niguez move'

アトレティコマドリーでの居場所を失いつつあるサウール・ニゲスはその能力の高さゆえに今夏の移籍市場における注目目玉の1人となっている。

サウールに対してはバルセロナマンチェスターユナイテッドらが注目をしており、特にマンチェスターユナイテッドはポール・ポグバに移籍の噂があることから後釜としても最適ともいえるサウールを確保したい考えだ。

しかし、その中でもリバプールとチェルシーが獲得に本腰を入れるとされている。

リバプールはフリーでジョルジニオ・ワイナルドゥムが退団したことで強度を高く保つことのできる中盤の選手を探している。

果たしてスペインでこれまで活躍をしてきた万能型ミッドフィルダーはどのクラブが確保することになるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました