<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ ジェイドン・サンチョ獲得レースから撤退か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ ジェイドン・サンチョ獲得レースから撤退か

 

スポンサーリンク

リバプールはジェイドン・サンチョ獲得レースから撤退か(Football Insider)

マンチェスターシティからドルトムントに移籍したジェイドン・サンチョはその独特なドリブルとチャンスメイク力で10代として(3月25日に20歳となった)世界最高となる市場価値を持つほどの選手へと成長した。

今シーズンも16ゴール17アシストを記録するなどアタッカーとして絶好調のシーズンを送っている。

そんなサンチョにはプレミアリーグのかつてのライバルたちが獲得を狙っている。

古巣であるマンチェスターシティやマンチェスターユナイテッド、チェルシーがオファーを出すとみられているがその中でもリバプールはサンチョの獲得に本腰をいれるとみられていた。

しかし、あまりの値段の高さにサンチョ獲得レースから撤退する可能性が高いようだ。

£100mはゆうに超えると思われており、今回のコロナウィルスの影響でどのクラブも財政的に厳しい状況となっている。

サンチョはドルトムントとの契約を2年残している。

 

マルコ・グルイッチはリバプールを去ることを決意か(The Athletic)

Marko Grujic hints at Liverpool exit

2016年にレッドスターベオグラードからリバプールに加入したマルコ・グルイッチ。

大型ミッドフィルダーとして期待されていたもののカーディフシティヘルタベルリンにローンで修行生活を送っている。

今シーズンもヘルタでまずまずのパフォーマンスを見せており、グルイッチ自身も以前はリバプール復帰に非常に前向きであった。

しかし今の状況は自分にとって良くないと判断してなのか、リバプールを去ることを示唆している。

 

”クラブにとって、そして僕にとって何が重要なのかを話すときがきた。僕は24歳ともう若くはないしこれからのキャリアを考えると将来に向けてのステップを考えなければなららない。リバプールに残ることがベストなのか、それともローンもしくは完全移籍という形で他のクラブに行くことがベストなのか。答えはわからないよ。でもブンデスリーガはこれまで2年過ごして凄くいいリーグだと思ったよ。自分が選手として成長できた良い環境だ。”

ナビ・ケイタ「ユルゲンの下で大きく成長することができた」(Official Liverpool Magazine)

Keita: 'I have improved a lot under Jurgen Klopp'

RBライプツィヒから大きな期待とともにリバプールにやってきたナビ・ケイタ。

エンゴロ・カンテと同等の守備力と彼を大きく超える攻撃力を持つと話題になり、「黒いイニエスタ」という異名もつくなど一時は話題をさらっていた。

しかし、リバプールにきてからは51試合のみの出場にとどまっておりその背景には怪我の多さが挙げられる。

クラブは計算がしにくいケイタの売却を考えているとつたえられているほどだ。

オフィシャルサイトのインタビューでケイタはユルゲン・クロップの下で大きく成長できていると語った。

 

”ユルゲンは僕に自信を与えてくれたコーチだ。いつもピッチサイドで声をかけてくれる姿はまるで一緒にプレーしているようなんだ。リバプールに来た時色々と困惑していたけどここに馴染むために彼は本当に助けてくれた。まるで友達のように、そしてすべての選手と上手くコミュニケーションを取ってくれる優れた監督だ。”
”ものすごく説明が上手な監督じゃないかな。ピッチ上で彼の説明を聞いていると自分のアクションがすべて間違いではないと確信できるんだ。練習ももちろん大事でハードワークすることで週末の試合に出場できるチャンスを掴もうとしている。それだけでなく練習の中でしっかりと全体の動きを止めて丁寧に説明してくれる。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました