<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ バイエルンのムシアラ獲得レースから撤退へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ バイエルンのムシアラ獲得レースから撤退へ

スポンサーリンク

リバプールとマンチェスターユナイテッドはバイエルンに所属するジャマル・ムシアラ獲得レースから撤退へ(The Guardian)

Liverpool, Man Utd miss out on Jamal Musiala?

バイエルンに所属する17歳のミッドフィルダー、ジャマル・ムシアラ。

年齢に見合わぬプレーレベルの高さでドイツ王者のスタメン争いに加わっており、今シーズンもトップチームで23試合に出場、3ゴールを記録している。

しかし、イングランド人であるジャマルにはプレミアリーグからの関心が寄せられており、リバプールとマンチェスターユナイテッドは夏にも獲得に向かうのではないかと言われている。

しかし、この獲得レースもまもなく決着がつきそうだ。

ジャマルがバイエルンとの長期契約に興味を示しており、まもなくペンを手に取るというのだ。

2026年までの契約となり、サラリーも大幅にアップすることになる。

既にユースのレベルにはないジャマルは今後のサッカー界を担う逸材の1人だが、このままドイツ王者でポジションを奪い活躍することはできるのだろうか。

リバプール、レアルマドリー、マンチェスターユナイテッドの間でブラガに所属する長身CB獲得レースが勃発か(AS)

Madrid to rival Liverpool, Man Utd for Carmo?

プレミアリーグのビッグクラブであるリバプールとマンチェスターユナイテッドは長身CBの獲得を巡って獲得レースを巻き起こしている。

特にリバプールは今冬の移籍市場でオザン・カバクベン・デイビスの獲得を行っているがそれでもなお実力派センターバックの獲得に向かうのだ。

ポルトガルのブラガに所属しているダビド・カルモはポルトガルのU-20代表でも活躍しており国内のみならず国外でも注目を集めている選手だ。

しかし、この2チームによる獲得レースだと思われていたが、新たにスペインの白い巨人も獲得を狙っていることがわかった。

レアルマドリーはセルヒオ・ラモスの去就が不透明であり、近い将来にも新たなディフェンスリーダーとなれる選手が必要なのだ。

£34mのリリース条項が付随しているが、ブラガ側は£21mの移籍金でも受け入れる姿勢を示している。

果たして期待のセンターバックは夏にも移籍という選択肢を取るのだろうか。

 

マルセイユのドゥイェ・チャレタ=ツァルはリバプールからの接触があったことを認める(PA)

Duje Caleta-Car confirms Liverpool snub

リバプールはフィルジル・ファンダイク、ジョーゴメス、ジョエル・マティプと主力のセンターバック陣が怪我全滅しており、今冬にオザン・カバクとベン・デイビスの獲得に成功した。

しかし、彼らの本命はマルセイユに所属するドゥイェ・チャレタ=ツァルと言われていた。

チャレタ=ツァルはここにきてリバプールからのオファーがあったことを認めている。

ドゥイェ・チャレタ=ツァル ”今日はチャンピオンズリーグがあるね。とあるチームの試合を見に行かなければならない。冬に僕にオファーをくれたリバプールの試合をね。”
”こんなに大きなクラブからオファーがあったなんてとても光栄だし誇りに思うよ。でも、僕はここに残ることに決めた。マルセイユも同じく素晴らしいクラブだしここでまあだまだ成長できると感じているんだ。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました