<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ バルセロナはワイナルドゥムの値段を確認か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ バルセロナはワイナルドゥムの値段を確認か

 

スポンサーリンク

バルセロナはリバプールに対しジョルジニオ・ワイナルドゥムの値段を確認か(The Mirror)

Barcelona 'learn asking price for Georginio Wijnaldum'

 

バルセロナは少しずつリバプールの主力選手の獲得へと近づいているようだ。

監督がオランダ人であり、クラブOBのロナルド・クーマンへと代わったことでチームはオランダ化が進むと言われている。

リバプールに所属するジョルジニオ・ワイナルドゥムはそんなバルセロナのターゲットになっていると言われており、来年までとなっている契約を更新していないことから今夏での退団が噂されている。

リバプール側は売却となると£15mの移籍金を求めると言われているが、バルセロナは£10mでの獲得を希望している。

この差をどう埋めるのかに注目が集まるが、リオネル・メッシの残留を決定させたチームにオランダ人が新たに加入することになるのだろうか。

 

リバプールとマンチェスターユナイテッドはアントワーヌ・グリーズマンの状況を注視している(Daily Mail)

Man United, Liverpool 'on red alert for Antoine Griezmann'

 

アトレティコマドリーからバルセロナに加入したアントワーヌ・グリーズマンは、チームで中心的な役割を果たすと思われていたが期待通りの結果は出せなかった。

リオネル・メッシが残留したことでチームに落ち着きは戻ったものの、市場で使える資金を補うためにグリーズマンの売却を検討しているというのだ。

グリーズマンに対してはアーセナルが獲得を狙っていると数年前より言われていたが、現在はリバプールとマンチェスターユナイテッドが彼の状況を1番注視しているのだ。

既にチームは移籍を許可しており、オファーを受け入れる準備をしているようだ。

29歳となったワールドカップ勝者はたった1年でバルセロナを去ることのなるのか。

 

リールに所属するブバカリ・スマレは今夏の移籍市場で新たなチームへの移籍を望んでいる(Telefoot Chaine)

Soumare to leave Lille amid Liverpool, Man Utd talk

 

リールに所属するブバカリ・スマレはリバプールやウルブズニューキャッスルユナイテッドらが獲得に興味を示すなど今夏の移籍市場における人気銘柄の1つになっている選手だ。

移籍の意思があるのか不明なまま状況が進んでいなかったが、ついに会長であるジェラルド・ロペスが口を開いたのだ。

彼曰く、スマレは既に新たなクラブで戦うことを望んでおり、そのオファー次第で移籍となるというのだ。

スマレはリールで評価を上げており、上記に挙げたクラブたちからオファーが来るとみられている。

既に具体的な金額も届いていることを示唆しているため、スマレの去就は近いうちに決定することになるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました