<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ ララーナ獲得レースはレスターシティがリード

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ ララーナ獲得レースはレスターシティがリード

スポンサーリンク

リバプールのアダム・ララーナ獲得レースは恩師が率いるレスターシティがリードか(Daily Star)

リバプールで6年間を過ごしてきた元イングランド代表MFアダム・ララーナ。

今シーズン限りで契約が終了となり、このままフリーでの退団が決定と言われている。

そんなララーナには多くのオファーが届いており、現在この獲得レースをリードしているのはかつてリバプールで指揮を取り、ララーナを獲得した張本人であるブレンダン・ロジャース率いるレスターシティだ。

また、エヴァートンクリスタルパレスウェストハムユナイテッドらもララーナ獲得のチャンスをうかがっていると言われている。

しかし、ララーナ側は他のクラブに加入をするなら現在受け取っているリバプールでの給与をカットする必要がある。

今シーズン、この32歳のテクニシャンはリバプールで12試合の出場に留まっている。

 

 

ヘルタベルリンはリバプールのロリス・カリウス獲得を希望か(Goal)

Hertha Berlin want Liverpool's Loris Karius?

チャンピオンズリーグ決勝でのミスを未だに責められ続けているリバプールのロリス・カリウス。

ベシクタシュへ2年間のローンへ行っていたが、ベシクタシュ側が契約の打ち切りを発表したことで満了を待たずにリバプールへ帰還している。

そんなカリウスに対してかつて自身がプレーしていたブンデスリーガからヘルタベルリンが獲得オファーを出す可能性があるのだ。

リバプールでは正守護神の座に就くことは困難であり、余剰戦力となっているためチームもこのオファーを呑むとみられている。

また、ヘルタベルリンとリバプールはマルコ・グルイッチのローンの件で良好な関係を築いているためこのオペレーションはスムーズに進むだろう。

カリウスはリバプールと2022年まで契約を残している。

新天地でかつての輝きを取り戻すことができるのだろうか。

 

リバプールはディエゴ・カルロス獲得へ£67mのオファーを提出か(Marca)

Liverpool 'eyeing £67m Diego Carlos move'

リバプールのセンターバック陣に変化が起こるかもしれない。

デヤン・ロヴレンはイタリアへの移籍が近いと言われており、さらにカメルーン代表であるジョエル・マティプにも退団の可能性がある。

そのためリバプールは新たなセンターバック探しをしているが、既にターゲットを決めてオファーを出す準備をしている選手がいるというのだ。

それがセビージャディエゴ・カルロスだ。

以前よりリバプール移籍が噂されていたカルロスは昨シーズンにフランスのナントからセビージャに加入しているが、セビージャ側は財政的に問題を抱えているため売却に対して前向きなのだ。

そこでリバプールは£67mという巨額のオファーを出すようだ。

また、カルロスに対しては同リーグのバルセロナも獲得に興味を持っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました