<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ リヨンのアワール獲得へ本腰を入れるか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ リヨンのアワール獲得へ本腰を入れるか

スポンサーリンク

リバプールはリヨンのアワール獲得へ向けて争奪戦へ参加(Correire Dello Sport)

Liverpool 'firmly in the race for Houssem Aouar'

リヨンに所属する21歳のホッセム・アワールは今シーズン、37試合に出場し9ゴール7アシストを記録するなど大きなインパクトを残しており、多くのクラブからの関心を集めている。

有望な若手を輩出することで有名なリヨンアカデミーの出身であり、トップチームでの現行契約は2023年までとなっている。

プレミアリーグのマンチェスターシティが獲得へ向けてオファーの準備をしているとの動きがある中、リバプールもアワール獲得に興味を持っているようだ。

また、その他にもレアルマドリーユベントス、パリ・サンジェルマンらもアワールを獲得リストに入れていると言われている。

リバプールはティモ・ヴェルナーの獲得の噂もある中、アワールを見事に射止めることができるのか。

 

リバプールはティモ・ヴェルナー獲得を今夏は断念せざるを得ない状況に(The Mirror)

Liverpool end interest in Timo Werner?

RBライプツィヒに所属する24歳のストライカー、ティモ・ヴェルナーは今夏でチームを離れることが予想されていた。

チームも財政的に厳しいところがあり、ヴェルナーを高値で売却することに前向きであった。

ヴェルナーに最も興味を持っており、相思相愛状態と言われているのがイングランドのリバプールだ。

リバプールは今夏にもヴェルナー獲得のためにオファーを出すだろうと以前より言われていたが、どうやらRBライプツィヒが求める£50mを支払うことが困難になったのだ。

今回のコロナウィルスの影響で£100mと言われる損失を出しており、移籍市場でふんだんに使える資金はほとんど残っていない状態だ。

ヴェルナーは他にもインテルバルセロナも獲得に興味を持っていたが、果たして希望通りのクラブへたどり着くことはできるのか。

 

リバプールは£100mの損失を出したことからキリアン・ムバッペやティモ・ヴェルナー獲得を断念(The Mirror)

Liverpool 'cannot afford Werner or Mbappe due to £100m shortfall'

リバプールから関心が伝えられていたRBライプツィヒティモ・ヴェルナーパリ・サンジェルマンキリアン・ムバッペ。

今夏にも大金を用意し獲得に向かうと言われていたが、リバプールの財政的状況からそれは不可能となったようだ。

コロナウィルスの影響で£100mの損失を出しており、現在世界で最も高い市場価値を持っているムバッペはもちろん、£50mと言われているヴェルナー獲得資金さえも出せない状況となっている。

リバプールは選手の売却による資金調達を考えているが、長期的な目線で見た際に大金を移籍市場で使うことはやはり難しいという。

チャンピオンズリーグを制覇し、今シーズンはリーグ優勝が目の前に迫っているリバプールは新戦力を迎えることができるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました