<前編/2022年最新>2021シーズンのチャンピオンズリーグ出場チームの特徴は?
出場チームの確認をする
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ リーズのカルバン・フィリップスを夏に狙うか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールの移籍、噂まとめ リーズのカルバン・フィリップスを夏に狙うか

スポンサーリンク

リバプールはリーズユナイテッドのMFカルバン・フィリップスの獲得を来夏に検討か(El Nationals)

Liverpool 'interested in summer deal for Kalvin Phillips'

リーズユナイテッドの核となる選手であり、現在は負傷でチームから離脱をしているカルバン・フィリップス。

残り2年半の契約を残すフィリップスだが、これ以上の契約延長を望める可能性が低く長期での活躍は難しい状況となっている。

この状況に対して動き始めているのがリバプールであり、以前から興味を示していたフィリップスに対して52億円もの移籍金を用意し、来夏にも獲得を狙うと言われている。

しかし、リーズ側はプレミアリーグのライバルに選手を放出することに否定的であり、来夏の彼らの取引状況には大きな注目が集まるだろう。

中盤の若返りと強化を目指すリバプールはフィリップス獲得を実現することができるのだろうか。

リバプールはかつての神童、レナト・サンチェス獲得へ近づいている(El Nationals)

Liverpool 'in pole position to sign Renato Sanches'

かつて神童を呼ばれ、若くしてバイエルンに引き抜かれたレナト・サンチェス

バイエルン移籍後はなかなかインパクトを残すことができず、24歳となった今はリールに所属している。

徐々に神童のころのパフォーマンスを彷彿とさせるプレーを見せており、昨年夏はプレミアリーグのウルブズが獲得に動くなど既に多くのクラブを集める存在へと成長している。

そんなサンチェスの獲得に最も近づいているのはリバプールであり、彼らはアーセナルやバルセロナを出し抜くような形で契約へと向かっているようだ。

膝の怪我で離脱しているものの今シーズンは16試合に出場しているサンチェス。

リバプールで再び神童の姿を欧州で見せることはできるだろうか。

ユルゲン・クロップが自身とリバプールの将来について言及

Jurgen Klopp provides update on Liverpool future

ユルゲン・クロップは2015年にリバプール監督に就任して以降、6度目の栄光となるチャンピオンズリーグや悲願のプレミアリーグ優勝を果たし黄金期のチームを作り上げている。

しかし、2024年までの契約となっているクロップに対しては多くのメディアがその後の去就に注目しており、クロップも時々将来についてのコメントを残している。

そして再び彼は自身のリバプールでの将来について言及している。

ユルゲン・クロップ ”2015年にこのクラブに来たが、当時の写真と見比べると大事違うだろうね。ここで幸せだし、刺激的な時間を過ごしてきた。
まるで家族のようなクラブでいつも幸せにしているよ。でも、この旅はまだ終わりではないし、その時がくるまでこの物語を見続けてみよう”
リバプール
スポンサーリンク
シェアする
keny9footballをフォローする
スポンサーリンク
プレミアリーグの移籍やら噂やら

コメント

タイトルとURLをコピーしました