<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

今シーズン躍動している3人の10代選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今シーズン躍動している3人の10代選手

 

スポンサーリンク

アーリング・ハーランド

Erling Braut Haaland - Borussia Dortmund

 

まず今最も穂とな10代として忘れてはいけないのがこの男、アーリング・ハーランドだ。

今冬にRBザルツブルグからドルトムントに移籍を果たしたとんでもない怪物だ。

ドルトムントに来てから6試合で9ゴールを決めており、アウグスブルクを相手に途中出場でデビューを果たしハットトリックを達成した衝撃は忘れることができないだろう。

わずか€17mでの移籍と言われており、その費用対効果は抜群に高い。

高身長でありながらしなやかな足技と裏抜けの技術、そしてそれを可能にするスピードを併せ持っている。

19歳のハーランドはリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドに代わりこれからのサッカー界を牽引する最強フォワードとして君臨し続けるはずだ。

 

アルフォンソ・デイビス

Alphonso Davies - Bayern Muenchen

 

バイエルンに新たに加入し、現在では左サイドバックとして活躍しているアルフォンソ・デイビス。

欧州でも名門中の名門であるバイエルンで自らの居場所があることを証明した逸材だ。

アルフォンソ・デイビスの特徴は何といってもその爆発的なスピードであり、それは攻撃はもちろん守備においても大きく役に立っている。

試合を増すごとに目を見張るものがある彼のパフォーマンスは素晴らしく、将来的には本来のポジションであるミッドフィルダーでのプレーも期待されるだろう。

とりわけチェルシー戦での活躍は凄まじく、データ分析を行っている有名な企業もSNSで取り上げている。

 

 

ジェイドン・サンチョ

Jadon Sancho - Borussia Dortmund

 

このようなランキングにおいてもはや常連となったジェイドン・サンチョ。

そしてそれを見るたびにマンチェスターシティは彼を取り逃がしたことを後悔しているだろう。

サンチョは今シーズンも既に14ゴール13アシストと十分な記録を残しており、移籍が噂されるプレミアの舞台でも十分にその能力を発揮できると言われている。

また、ウィングとしても10番としてもプレーできる幅はチームにとって大きな意味を持つ。

ハーランドが加入したドルトムントだが未だにチームの中心的役割を果たしているのはサンチョだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました