<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

大きく成長!エヴァートン、カルロ・アンチェロッティの下でレベルアップした3人の選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大きく成長!エヴァートン、カルロ・アンチェロッティの下でレベルアップした3人の選手

 

マルコ・シウバからカルロ・アンチェロッティに代わり、エヴァートンは大きな目標を達成しようとしている。

希代の名将は選手のポテンシャルを引き出すことに優れており、これまでのビッグクラブでも高い評価を受けてきた。

そんなアンチェロッティの下で既に何人かの選手は大きな成長を遂げている。

そこで今回はカルロ・アンチェロッティの下で大きく成長した3人の選手たちを紹介しよう。

 

 

スポンサーリンク

ドミニク・キャルバート=ルーウィン

Dominic Calvert-Lewin has been Ancelotti

ドミニク・キャルバート=ルーウィンはアンチェロッティの下で本格的に点取り屋としての本能を呼び起こそうとしている。

今はリシャルリソンとともにエヴァートン攻撃陣を牽引している1人であり、27試合13ゴールという数字は23歳の彼にとっては十分なものだ。

アンチェロッティが来てからは8ゴールを決めているキャルバート=ルーウィンだが、多くのゴールは試合を決定づけるものなど非常に重要なものだ。

自分は何をすべきなのか、必要なときにどこにいればいいのかをしっかりと理解できたことの表れであり自分の成長がチームの成長に直結していることを知ったのだろう。

比較的自由を与えるアンチェロッティの下ならばキャルバート=ルーウィンはイングランドを代表するようなストライカーへと変貌することも十分に可能である。

 

リシャルリソン

Brazilian forward Richarlison

今シーズン10ゴールを決めているリシャルリソンはシーズンを増すごとに成長している選手であるが、アンチェロッティの下ではまた違ったタイプの成長を見せている。

得点力はもちろんだが、彼の持つ技術やビジョンはマルチタスクを高いレベルでこなせるだけの水準にあるのだ。

どちらの足からも強力で正確なシュートを放つことができるリシャルリソンはどこ場所にいても脅威となり、さらには創造的なプレーも得意としているためキャルバート=ルーウィンのような信頼できるストライカーとともにプレーすることで彼の良さはさらに引き出せる。

アンチェロッティはそれをすぐに理解し、2人をエヴァートンの攻撃における中枢としたのだ。

前線の選手として何でもできてしまうリシャルリソンはさらに大きなクラブへの移籍も噂されており、仮にそれが実現するとなるとエヴァートン史上最高額での取引となることは間違いない。

 

メイソン・ホルゲイト

Holgate has been ever-present for Everton under Ancelotti

アンチェロッティの下で成長したのは攻撃の選手ばかりではない。

センターバックとして驚くべき成長を見せているメイソン・ホルゲイトはアンチェロッティにとっても良い意味で期待を裏切った選手だろう。

とにかく強く、安定したディフェンスを見せるとともにチームを根底から支えることの意味をしっかりと理解している。

決して身体能力だけに頼らず頭を使った守備を展開することができるのだ。

ディフェンダーにも厳しい要求をするあのペップが獲得を検討していることも納得だろう。

だが、驚きなのは実はアンチェロッティはエヴァートンに来るまでホルゲイトのことを知らなかったのだ。

インタビューで語られている。

”エヴァートンに来る前までメイソンのことは知らなかったよ。でも非常に驚いた。彼は間違いなくディフェンダーとしてトップになれる才能を持っている。守備において本当によく集中しているよ。速く、フィジカルに強く、そして空中戦ではヘディングの強さも光っている。ディフェンダーとして完璧な選手だ。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました