<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

守備の強化へ、チェルシーが今夏狙うべき5人のセンターバック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

守備の強化へ、チェルシーが今夏狙うべき5人のセンターバック

 

スポンサーリンク

サミュエル・ウンティティ

Samuel Umtiti has fallen behind Araujo de Silva and Clement Lenglet in defence.

バルセロナに所属する左利きのセンターバック、サミュエル・ウンティティはチェルシーに適した人材の1人だ。

ジェラール・ピケの長期的な相棒と評価されて移籍したものの、度重なる怪我で結果を出すことが出来ず。

しかし、彼の持っている実力は紛れもなく本物であり現代型のセンターバックに必要な足元のテクニックをはじめディフェンダーとしての強さも併せ持っている。

さらに左利きというところもチェルシーにとっては貴重な存在になり得るだろう。

問題は値段だが近年の怪我の具合を考えるとおそらく当初よりは安い金額となるだろうが・・・。

 

ガブリエウ・マガリャンイス

Gabriel Magalhaes has been a colossal figure for Lille this season.

今年で23歳となるリールのガブリエウ・マガリャンイス。

マガリャンイスは2017年にリールに加入したのち、いくつかのチームでローンで修行に行っており確実に実力をつけた。

今シーズンはリールで30試合に出場するなど主力として定着している。

彼のスピード、パスの選択肢、カバーリングはプレミアリーグに合うスタイルであり守備的なスタッツも平均を上回るなど大きな成長を未だに続けている。

即戦力かつポテンシャルを見込んだ長期的なオプションにもなるため、マガリャンイスの獲得は是非とも成功させたいところだろう。

 

ネイサン・アケ

Nathan Ake was a Chelsea graduate.

最も現実的、なおかつチェルシーにとって効果的なオプションがネイサン・アケだ。

かつてチェルシーに在籍していた選手であり、彼と同じようにアカデミーを出たタミー・アブラハムやメイソン・マウントらが現在トップチームで活躍していることからチームへの馴染みなどは問題ではないはずだ。

さらにボーンマスで見せているパフォーマンスをチェルシーは見ているはずであり、彼のパスの正確性やタックル、相手の攻撃をせき止めるクレバーな守備などが今のチームに必要なことは一目瞭然だ。

最も、ボーンマスもアケを高く評価しているため安い金額で放出することはあり得ないはずであり、確保するにはそれなりの移籍金を積み上げる必要があるだろう。

カリドゥ・クリバリ

Kalidou Koulibaly

フィルジル・ファンダイクとともに現在の世界でトップクラスの選手の1人として評価されているナポリのカリドゥ・クリバリ。

クリバリを獲得したいと考えているクラブは非常に多く、毎シーズンごとに移籍の噂が取りざたされている。

センターバックに必要なすべてを持っており、元々中盤でプレーしていたこともあり圧倒的な足元の上手さも抜群だ。

29歳と全盛期を迎えている年齢でありチェルシーが来シーズン以降にタイトルを取り戻すためには必要不可欠な選手となる。

だが、問題は移籍金だ。

世界最高の1人に数えられるクリバリはそうそう安い金額では取れない。

 

ルイス・ダンク

Lewis Dunk has been one of Brighton

過去のチェルシー移籍も噂されていたブライトンのルイス・ダンク。

ダンクはブライトンのキャプテンを務めており、クラブに対して忠誠心を示しているため獲得は困難だと思われる。

£50mの値札が付けられているとも言われるダンクはプレミアリーグにおけるベストなセンターバックの1人であり、リーグに慣れる必要性もないことからチェルシーにとって確実にチーム力を上げる選択になるだろう。

彼を納得させるにはチャンスを示すしかない。

28歳となるダンクが今後チャンピオンズリーグに出場し活躍するためにはチェルシーのような規模のチームに今夏、もしくは来夏にも移籍しなければならない。

忠誠心が勝つのか、それとも・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました