<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

[後編]2020年決定版!欧州の最速プレーヤートップ10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[後編]2020年決定版!欧州の最速プレーヤートップ10

 

スポンサーリンク

カイル・ウォーカー 35.21㎞

Kyle Walker during a Premier League game against AFC Bournemouth

トッテナムで才能を開花させ、今ではマンチェスターでその優れた身体能力を活かしたプレーでペップの信頼を勝ち取っているカイル・ウォーカー。

技術的にも高いものを備えているのだが、ウォーカーの特徴は何といってもイングランド人らしいそのパワフルさにある。

攻守において貢献することができ、サイドを幾度となく駆ける姿は時に相手を落胆させる。

優れた身体能力の中でも彼のスピードは特別であり、彼のスピードで失点を防いだシーンもいくつかあるだろう。

 

カラム・ベララビ 35.27㎞

Karim Bellarabi during a Champions League game against Atletico Madrid

2011年からレヴァークーゼンで活躍しているカラム・ベララビがランクインした。

おそらく、ここ数年で最もスピード溢れるドイツ人プレーヤーの1人だろう。

優れたドリブラーとして知られるベララビは2014年のドルトムント戦で試合開始9秒でゴールを決めるという伝説的な記録も持っている。

30歳となったがおそらくレヴァークーゼンでプロのキャリアの幕引きを行うつもりなのであろう。

 

ピエール・エメリク・オーバメヤン 35.5㎞

Pierre Emerick Aubameyang during a Europa League game against Olympiacos

スピードスターと言えば外せない男がピエール・エメリク・オーバメヤンだ。

ドルトムントでストライカーとしての才能を開花させるとその後移籍したアーセナルでも一貫した活躍をし、2018年シーズンはプレミアリーグで得点王も獲得している。

31歳という年齢を感じさせないスピードと冷静な決定力は健在でこれまでアーセナルで97試合に出場し61ゴールを決めている。

 

イニャキ・ウィリアムズ 35.7㎞

Inaki Williams during a Copa del Rey Semifinal against Granada

アスレチック・ビルバオの顔として、そしてバスク人限定のクラブとして古くから知られているチームで初の黒人選手として得点をしたイニャキ・ウィリアムズ。

若くから多くのクラブに狙われており、25歳となった今はラリーガを代表するアタッカーへと成長した。

彼の持ち味のスピードはもちろんのこと、アリツ・アドゥリスらに頼りがちであった得点力を補うなど近年は完成されつつある。

先日クラブと衝撃の9年間の契約延長を果たすなどビルバオ愛が止まらないイニャキだが、スピードだけではなくアタッカーとしてすべてが優れているということをこれからも見せ続けるだろう。

 

キリアン・ムバッペ 36㎞

Kylian Mbappe during a UEFA Champions League game against Real Madrid

堂々の1位に輝いたのはやはりこの男、キリアン・ムバッペ。

モナコ時代から注目されており、10代とは思えない突破力と得点力を武器にパリサンジェルマンでも活躍を続けている。

21歳となった今は多くのメガクラブのターゲットとなっており、本人もこれ以上パリサンジェルマンと契約を延長するつもりはないようだ。

今後10年間にわたって攻撃陣を活性化させてくれる存在は次の活躍の場をどこに移すのか、近年最も注目が集まるだろうニュースになるに違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました