<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ#11

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルベン・ディアスへ再び興味(Daily Mail)

アーセナルはマンチェスターユナイテッドも興味を持っていると言われているベンフィカ所属のCBルベン・ディアスに再び目をつけている。

彼の契約解除条項は£54mと言われている。

これはアーセナルにとって予算外でありとても出せる金額ではない。

しかし、彼らには新たなCBが必要でありポルトガルで豊かな才能を見せつけているルベン・ディアスを何としてでも手中に収めたい。

そのためにベンフィカへ何とかコストを抑えた状態での契約締結はできないかと相談を持ち掛けているところだ。

人気銘柄のため長く交渉している余裕はないかもしれないが、コシェルニーもクラブも去る今迎え入れたい逸材である。

Arsenal 'revive interest in Ruben Dias'

ハキム・ヅィエクへの興味は終わった(BBC Sport)

今夏、ウィルフレッド・ザハライアン・フレイザーなど前線の補強を進めたいアーセナル。

その中で候補の1人となっていたアヤックス所属のハキム・ヅィエクだが、アーセナルはヅィエクに対する興味を既に終えてしまった。

かなりのインパクトを残したヅィエクだが、アーセナルとしてはほかに可能性の高い選手獲得へ集中したほうがいいと判断したようだ。

Arsenal 'end interest in Hakim Ziyech'

ボーンマスはフレイザーを今手放すことより来夏フリーで出すことを望む(Mirror)

アーセナルの前線の補強候補の1人であるボーンマス所属のライアン・フレイザー

プレミアではそのチャンスメイク力でチームを牽引し、数多くのクラブの興味を引いている。

しかし、ボーンマス側はアーセナル移籍が囁かれる彼の状況に対して今夏での放出を否定している。

契約が切れる来夏にフリーで放出するほうが今夏失うよりもいいというスタンスだ。

アーセナルは予算が限られておりその中で早く獲得を決めたいというのがエメリ監督の気持ちだ。

果たして彼らは誰に目をつけ、獲得交渉を進めていくのだろうか。

Bournemouth 'prepared to lose Fraser for free'

コメント

タイトルとURLをコピーしました