<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ#11

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティがファビアン・デルフのエバートン移籍を発表

マンチェスターシティはMFファビアン・デルフエバートンに移籍したことを発表した。

デルフはエバートンの公式で喜びを表明した。

”毎試合エバートンとの試合に時に、ホームであろうがアウェイであろうが彼らのファンの素晴らしい熱狂ぶりを見てきた。次は自分がプレーしている時にあのエバトニアンたちの声が聴けると思うと本当にわくわくするよ。ここにいることに幸せを感じているよ。絶対にすべてを捧げるよ。”

コンバートをされて左サイドバックでプレーするなどチームを救ってきたデルフであるが、シティでは満足いく機会を得られたとは言い難いだろう。

エバートンへ移籍をし安定したプレー時間とエバトニアンたちを熱狂させるだけのパフォーマンスを維持することができるのか非常に楽しみである。
Fabian Delph has 20 England caps

バイエルンがサネとのサインは難しいと認める(SKY in Germany)

マンチェスターシティのリロイ・サネは今夏、バイエルンのトップターゲットだと伝えられていた。

キングスレイ・コマンセルジュ・ニャブリだけでは不安なウィングの層を厚くするための最善の策だと思われたがバイエルンサイドはサネと今夏契約することが非常に難しい状況であることを認めた。

サネ自身が希望をすれば可能性はまだ開けるがそうではない今、マンチェスターシティの求める£100m以上とも言われている金額でのオファーが現実的ではないようだ。

サネはマンチェスターシティのプレシーズンにメンバー入りしておりチームと共にアジアを回っている。

Bayern 'admit defeat in Leroy Sane race'

オタメンディはバレンシアへ帰りたがっている(Super Deporte 

今夏での移籍が噂されるマンチェスターシティのCB、ニコラス・オタメンディ

スペインから鳴り物入りで加入をしたがジョン・ストーンズエメリク・ラポルテの壁に阻まれプレー時間が十分に確保できていない。

そこで、31歳になるオタメンディは今夏で古巣であるバレンシアへ戻りたがっているようだ。

メスタージャでは幾度となくクリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシらを阻んだ壁となっていたオタメンディ。

おそらくバレンシアのサポーターたちも歓迎するだろう。

マンチェスターシティは代役の確保ができ次第放出に動くようだ。
Nicolas Otamendi 'wants Valencia return'

コメント

タイトルとURLをコピーしました