<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ#14 オリンピアコスの若手に注目、ティアニーとセバージョス獲得は・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルがオリンピアコスのパプ・アブ・シセに注目か(90min)

アーセナルはオリンピアコスに所属するDFパプ・アブ・シセに注目している。

2m近くある身長を誇るこのセネガル人はオリンピアコスで50試合に出場しており、£10m程度を提示すればオリンピアコス側を納得させられるとも言われている。

アーセナルはサンテティエンヌ所属のウィリアム・サリバと合意していると言われてるいるが、すぐにはトップチームで使うことはなく1年はサンテティエンヌへローンで修業を積ませる予定である。

コシェルニーも退団間近な今、一人でも多くの実力者は必要となってくるアーセナル。

見事射止めることはできるのか。
Arsenal 'eye swoop for Pape Abou Cisse'

アーセナルはキーラン・ティアニーとダニ・セバージョス獲得へ楽観視(The Transfer Show)

アーセナルが今季初めから狙っていたと言われているセルティック所属のDFキーラン・ティアニーレアルマドリーで居場所を失い、スパーズとともに獲得を目指していると言われているMFダニ・セバージョス

セバージョスはローンでの移籍という話だが、この両選手についてアーセナルは移籍の完了はすぐにできると自信を持っている。

今夏のアーセナルは予算が限られているため、ローン移籍も有効に使うようだが見事に戦力を増幅させることに成功できるのか。
Arsenal 'confident' of Tierney, Ceballos deals

アーセナルの新たなテクニカルディレクター、エドゥがアーセナルは精神的な成長が必要と語る

アーセナルに在籍しており、現在テクニカルディレクターとして働いているエドゥはアーセナルには精神的な成長が必要だと語った。

”強い心をもって働こうと思うとき、すぐに実行してはいけないんだ。構築する必要があるからね。メンタルが強くなけりゃいけないのは選手たちだけではなくクラブ全体もだ。同じメンタリティを持たなきゃいけないんだ。私たちは常に試合で勝つ必要がある。アンフェアかもしれないけど、それがフットボールの世界であり、それが真実なんだ。いい仕事がしたいと語るのであれば結果はとても重要になってくる。だから結果のためにハードワークをして戦わないといけない。私たちはアーセナルなんだ、ビッグクラブなんだと。その状況を理解しないとね。勝つためには”勝つ”しかない。どうやって?戦うんだ、すべてを捧げるんだ。そうするとクラブが本来いるべき場所に戻ることができる。”

かつて無敗優勝をしたインビンシブルのメンバーのエドゥだからこその言葉なのか。

アーセナルは弱体化しきったそのメンタリティをどう構築しなおすことができるのか。
Edu: Arsenal must

コメント

タイトルとURLをコピーしました