<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルがセンターバックよりニコラペペを獲得すべき理由3つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーセナルは限られた予算の中で非常に上手く立ち回っている。

ダニ・セバージョをローンで獲得し、来年からウィリアム・サリバをチームに加える。

さらに前線にはフランスのリールで爆発したニコラペペを迎え入れるつもりだ。

だが、アーセナルは現在ディフェンスラインに大きな問題を抱えている。

ムスタフィはミスが目立ち、コシェルニーは退団をしたがっている。

それでもアーセナルは巨額の資金を投じてもニコラペペを獲得しなければならない。

今回はSportkeedによるアーセナルがセンターバックよりもニコラペペを獲得すべき理由3つを紹介する。

3.ゴールが獲れるウィンガー

Nicolas Pepe is now the most expensive African player ever

アーセナルにはピエール・エメリク・オーバメヤンとアレクサンドル・ラカゼットがいる。

どちらも優れた点取り屋であり、オーバメヤンは得点王にも輝いている。

だが、それだけでは不十分だ。

2人ともウィンガーではなく、アーセナルはピレス以来の点を取れるウィンガーを欲している。

多くの人は攻撃は最大の防御だという。

ニコラペペは22ゴールを決め、リールの躍進に貢献した。

アーセナルのウィンガーのポジションであるヘンリク・ムヒタリアンは6ゴールしか決めることができていない。

ペペの獲得は2人の点取り屋の負担を軽減する役目も果たすだろう。

2.世界中が欲しがっていた人気銘柄

Arsenal will pay in instalments for Pepe

アーセナルが最後に獲得した世界的に人気だった選手は誰だろうか。

おそらくメスト・エジルだろう。

そこからアーセナルは世界的に有名であり、人気のある選手を獲得することはできていない。

ペペは世界中が欲しがっていた人材であり、フランスでその存在を証明してから結果も残し続けた。

マンチェスターユナイテッド、PSG、バイエルン、リバプールなどが狙ったが100億円近い金額で獲得となりそうだ。

久しぶりの”世界が欲しがったエリート選手”である。

1.エクトル・ベジェリンとロブ・ホールディングが戻ってきた

Hector Bellerin and Rob Holding are back in full training

アーセナルは昨シーズン51失点を喫しており、トップ6の中では2番目に多い数字だ。

エクトル・ベジェリンとロブ・ホールディングの不在は影響しているはずであり、代わりとなったメイトランド・ナイルズやステファン・リヒトシュタイナーは満足いくパフォーマンスを見せることができなかった。

決してこの若き2人を過小評価してはいけない。

シーズンが進むにつれクラブは彼らとの契約を延長したがるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました