<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

トッテナムホットスパーの移籍、噂まとめ#17 エリクセンの移籍金を減額へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スパーズはエリクセンの移籍金を下げる用意がある(The Mirror)

世界屈指のプレーメーカーであるクリスティアン・エリクセンはクラブと残り契約を1年残している。

スパーズ側はこのデンマーク人をフリーで手放すことを恐れているため、今夏でのエリクセンの値段を下げる用意がある。

スパーズを含めプレミアリーグは8月8日までの移籍市場となっているためここから一気に状況が動き出すこともあるかもしれない。

Spurs 'could lower Eriksen price after deadline'

マルセイユがスパーズのライアン・セセニョン獲得のライバルへ(La Provence)

フラムの19歳、ライアン・セセニョンは残り契約を1年としており、今夏での移籍がほぼ確実だと言われている。

セセニョンに熱心になっているのがスパーズとされており、ジョシュ・オノマーに金銭をつけたオファーで獲得する予定だという。

しかし、そこに横やりを入れようとしているのがマルセイユだ。

マルセイユは前線の補強が必要と感じており、セセニョンをウィンガーとしてみている。

セセニョンはチャンピオンシップでの開幕戦を怪我で休む予定だ。

Marseille to rival Spurs for Sessegnon?

スパーズはロチェルソ獲得にあと£15m足らずか(Marca)

スパーズのマウリシオ・ポチェッティーノ監督はベティスに所属しているジオバニ・ロチェルソの獲得を熱望している。

一部ではクリスティアン・エリクセンの後釜とも言われているが、どちらにせよロチェルソの値段は決して安くはない。

£50mのオファーをベティスに送ったが、ベティス側が求める額には後£15mほど足りない状況である。

だが、ロチェルソ本人は既に個人での合意はしているとの報道もある。

果たしてフェキルを加えたベティスがロチェルソ放出に踏み切るのか。

Spurs, Betis £15m apart on Lo Celso?

コメント

タイトルとURLをコピーしました