<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ#21

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケディラはアーセナル移籍を目指す(Il BiancoNero

ユベントスに所属するサミ・ケディラは今夏での移籍を検討している。

ケディラには既にトルコの2クラブ、フェネルバフチェベシクタシュからオファーがきているとされているが、本人はアーセナル移籍を目指しているため祖のオファーを断った。

だが、ケディラ側が求める週給の£10万とアーセナルが出せる金額である£7万に開きがあり、さらに移籍金の問題もあるためそう簡単に成立がしない取引とみられている。

イタリアのメディアは残り2年の契約を残しているケディラに対して契約を解除して移籍市場が閉まったのちにフリーで好きなクラブに加入することを勧めているがユベントスとしては避けたい自体だろう。

また、ケディラにはウルブズも近づいているとされている。

Khedira 'holding out for Arsenal move'

ダビドルイスがアーセナルと2年契約を結ぶ?(The Mirror)

チェルシーに所属するダビドルイスはアーセナルと2年契約で合意したとの報道があった。

32歳になるルイスは£8mほどの移籍金で既にクラブ、個人間ともに取引を済ませており移籍まで秒読みとまで言われている。

アーセナルはローラン・コシェルニーがフランスへ帰還してしまったためルイスはその後釜とみられている。

Luiz to sign two-year deal at Arsenal?

エバートンは未だにイウォビとの契約を目指している(The Mirror)

エバートンはアーセナルに所属するアレックス・イウォビとの契約を目指している。

一部報道では£30mでアーセナル側へオファーしたとの情報もあるが、アーセナルは£40mを求めている。

残り契約を4年残しているが、イウォビはホームグロウンということもあり必然と移籍金は高値となってしまう。

エバートンはアーセナルの求める額を支払うのか、それとも別のターゲットに切り替えるのか。

それもデッドラインが過ぎればわかることである。

Everton still keen on Alex Iwobi?

コメント

タイトルとURLをコピーしました