<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

プレミアリーグの今夏の移籍ベスト9

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレミアリーグの夏の移籍市場が閉まるまで残り24時間を切っている。

例年と比べると比較的上位クラブたちの動きは大人しいと言ってもいいだろう。

だが、中位チームや下位を見てみると10人を補強したアストンヴィラやデルフやシディベらを補強しらエバートンは確実に順位を上げるための補強をしており、今シーズンの活躍が楽しみである。

そこでデッドラインを前に、今夏での移籍ベスト9をFour Four Twoより発表しよう。

9.ディーン・ヘンダーソン (シェフィールド、ローン)

シェフィールドユナイテッドは今夏で彼らの持つ移籍金の最高記録を4度更新した。

それだけプレミアでの戦いに力が入っているのだ。

ローンで加入したヘンダーソンはチームの大きな助けとなるだろう。

トップチームでの経験が浅いゴールキーパーだが、チームの守備力を大幅に上げるだけの力を持っており、イングランド代表のスカッドに入るのも時間の問題だと言われている。

8.パブロ・フォルナルス (ウェストハムユナイテッド、£24m)

ウェストハムにはもうアタッカーは必要なくなるだろう。

マヌエル・ランシーニやフェリペ・アンデルソンらがいるにもかからわずウェストハムがフォルナルスを獲得したのには大いなる理由がある。

ラ・リーガで最多アシストを記録し、世界でも屈指のプレーメイカーと証明されたからだ。

マヌエル・ペジェグリーニ監督は素晴らしいピースを手に入れ、チームを引き上げる最高の補強を行った。

7.ジェイ・ロドリゲス (バーンリー、£10m)

多くの経験を持つこのストライカーはチャンピオンシップで22ゴールを記録し、バーンリーにフィットするだけの特徴も持っている。

アシュリー・バーンズとクリス・ウッドらは素晴らしいアタッカーであり、ロドリゲスは彼らとのコンビネーションに不安を持たないだろう。

6.ダニエル・ジェームス (マンチェスターユナイテッド、£15m)

ダニエル・ジェームスは若く、スピードに溢れたウィンガーだ。

マンチェスターユナイテッドはこの期待の若手を£15mで獲得できたことに喜びを表すべきだ。

スールシャール監督もチームの若返りを目指していることから今後の長期的なチーム作りの中心となっていく可能性が高い。

5.モイーズ・キーン (エバートン、£29m)

Moise Kean Everton Juventus

ユベントスで最も期待された若手の1人、モイーズ・キーンはエバートンへと去ってしまった。

昨シーズンはトップチームにおいても得点を量産し、10代のうちにその名を一気に世界へ知らしめることとなった。

「バロテッリ2世」とも呼ばれるキーンはエバートンへ戦術の幅をプレゼントし、リシャルリソンをよりチャンスメイクしやすいポジションで起用できるようになる。

4.ロドリ (マンチェスターシティ、£63m)

ロドリはフェルナンジーニョの完璧な後釜としてマンチェスターシティが獲得した。

フェルナンジーニョの守備力を補完し、今後数年に渡ってマンチェスターシティの中盤の核となれる選手であるため非常に多くの意味を持つ投資であった。

クラブはロドリへ大いなる期待を抱いているに違いない。

3.ニコラ・ペペ (アーセナル、£72m)

アーセナルは予算が限られている中で100億円近い額をこのウィンガーにつぎ込んだ。

リーグアンで22ゴールを決めたドリブラーはオーバメヤンやラカゼットらと共に強力なスリートップを築き、プレミア屈指の攻撃力を披露することになるだろう。

2.ユーリ・ティーレマンス (レスターシティ、£35m)

22歳と若く、既に高いクオリティを見せているティーレマンスはトップ6のクラブでレギュラーとなっていてもおかしくない存在だ。

それだけにレスターシティからすると大きな戦力であり、昨シーズン見せていた物以上の創造性や驚くべき才能を試合の中で証明することになる。

1.タンギ・エンドンベレ (スパーズ、£54m)

非常にモダンなミッドフィルダーであり、ムサ・デンベレの完璧な後釜と言えるだろう。

ドリブルや守備力など文句のつけようがないが、広い範囲を1人で制圧できる力は中盤に置いて相手からすると厄介な存在となる。

それなのにまだ22歳なのだ。

これからポチェッティーノ監督の指導を受けて大きく成長も残している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました