<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

[2020年最新版]世界最高のゴールキーパートップ10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[2020年最新版]世界最高のゴールキーパートップ10

 

 

スポンサーリンク

ダビド・デヘア マンチェスターユナイテッド

クリックすると新しいウィンドウで開きます

イングランドの名門、マンチェスターユナイテッドで守護神を務めるスペイン代表ダビド・デヘア。

これまで規格外のスーパーセーブを幾度となく見せ、チームを文字通り助けてきた存在だ。

MOMを獲得した回数も非常に多く、先日はプレミアリーグ通算100個目となるクリーンシートを記録した。

まさに経験と神がかり的な才能を持ち合わせた特別な選手である。

最近はミスがよく取り上げられることが多いが、その実力はまだまだ世界屈指のものを誇っている。

 

エデルソン マンチェスターシティ

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ベンフィカからマンチェスターシティに活躍の場を移した最新型ゴールキーパー、エデルソン。

細かいパスをつなぐことを信条とするペップが認めるゴールキーパーであり、プレミアリーグの激しい空中戦にもすぐに慣れるなど適応力も抜群だ。

セービングのレベルも高く、年々レベルを上げているなど努力をしている証がしっかりと試合で表れている。

しかし、本当に取り上げるべきはパスの精度だろう。

彼の左足は恐ろしいほどの精度を誇り、ディフェンスラインでのポゼッションにも積極的に参加するなどもはやフィールドプレーヤーと同等以上の技術を持っている。

少々ミスの多い選手であるがそれを差し引いてもチームに大きな貢献を与えている選手だろう。

 

マヌエル・ノイアー バイエルン

クリックすると新しいウィンドウで開きます

スイーパーキーパーという名称を広め、ゴールキーパーの概念を変えた男であるマヌエル・ノイアー。

34歳となった今でもドイツの名門バイエルンとドイツ代表で主力を務めており、歴代最高のゴールキーパーと呼ばれることも珍しくはない。

シャルケ時代から見せていたとんでもない飛び出しでディフェンスラインの裏にある広大なスペースを1人でカバーし、ゴールキーパーとしての新たな境地を切り開いたのだ。

高レベルなセービングにコーチング、キックの精度や相手をあざ笑うかのようなテクニックなど弱点のないゴールキーパーとして君臨し続けている。

年齢による衰えはあるだろうがこれからは経験値でカバーしていくことになるだろう。

 

サミル・ハンダノビッチ インテル

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ウディネーゼからインテルに加入して8年、常にゴールキーパーとしてトップレベルのパフォーマンスを維持している怪物だ。

非常に古いタイプのゴールキーパーだが、守備に集中させても74.7%ものセービング率をたたき出せる選手は片手で数えられるほどだろう。

また、PKストップにも定評がありとにかくゴールマウスを守るという仕事を職人のように遂行するプロフェッショナリズム溢れるゴールキーパーだろう。

 

ピーター・グラーチ RBライプツィヒ

クリックすると新しいウィンドウで開きます

£2mという価格でRBザルツブルクからRBライプツィヒへ移籍したピーター・グラーチ。

そんな彼はブンデスリーガを代表するゴールキーパーへと成長している。

マヌエル・ノイアー、ヤン・ゾマーなど名手が揃うブンデスリーガだが73%を誇るグラーチのセービング率はドイツでトップだと言れている。

ここ数年で実力をつけ躍進を遂げているRBライプツィヒだが、グラーチの活躍が大きく関係していることを忘れてはいけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました