<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

プレミアリーグ、今シーズン注目すべき中堅チームの選手3選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティ、リバプール、チェルシー、アーセナル、マンチェスターユナイテッド、スパーズ。

これらビッグ6と呼ばれるチームは相当厚い選手層を揃えている。

ゴールキーパーからフォワード、そしてベンチまで代表レベルの選手たちで溢れかえっている。

ところが近年、中堅チームと呼ばれるビッグ6以外の実力派たちも相当ポテンシャルを秘めた選手たちを揃えているのだ。

そこで今回はSportkeedによる今シーズン注目すべき中堅チームの注目選手3選を紹介しよう。

3.ジェームズ・マディソン

Embed from Getty Images

22歳のジェームズ・マディソンは既にレスターシティにおいて心臓と言える選手だ。

中盤において10番の役割を果たし、そのドリブルスキルと広い視野を活かしたパス能力はホームグロウンで最高とも言われている。

レスターシティにおいて昨シーズン、7ゴール7アシストを記録し、チームが守備に回った際は深い位置まで戻って守備もする。

もはやビッグ6が獲得してもおかしくない選手であるが、レスターシティがこれから大きくなるには絶対に欠かせない選手なのだ。

マディソンを留めることができるのかが今後のレスターの躍進の鍵となりそうだ。

2.テーム・プッキ

Embed from Getty Images

テーム・プッキはノリッジシティで昨シーズン30ゴール10アシストを記録した29歳のフィンランド人だ。

チェルシー戦でも2ゴールを決め、今シーズンこのまま勢いに乗れば止められそうにないストライカーである。

ノリッジシティは今シーズン昇格組らしくない攻撃的なサッカーをプレミアで展開し、上位チームに対しても臆することなく戦っている。

プッキとしても自らの良さを活かせるはずであり、今シーズン注目せずにはいられない選手となるはずだ。

1.リュカ・ディーニュ(エバートン)

Embed from Getty Images

PSGやバルセロナでプレーしたリュカ・ディーニュはプレミアリーグに参加しその才能を爆発させている。

4ゴール4アシストの記録を残し、最もモダンなサイドバックの1人として認識された。

非常に速く、オーバーラップのタイミングも素晴らしい。

また、攻撃だけではなく確固とした守備の決まりを持っているため簡単に抜かれたりはしない。

エバートンの左サイドを厚くするために欠かせない選手だ。

確実に今シーズン見ておきたい選手だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました