<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ#22 ロブレンがついにローマ移籍か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローマがデヤン・ロヴレンに正式オファーを送るか(Corriere dello sport)

Embed from Getty Images

セリエAのローマは今夏、センターバックの補強を進めるつもりであったが未だに大きな動きを見せることができていない。

ユベントス所属のダニエレ・ルガーニへのオファーは拒否され、残る候補者はリバプールのデヤン・ロヴレンと言われている。

30歳のクロアチア人は経験豊富でその実力もローマは既にチェック済みだ。

フィルジル・ファンダイクやジョエル・マティプ、ジョー・ゴメスらの牙城を崩せずにいるロヴレンはついに今夏新たな挑戦をするための旅を始めるのだろうか。

リバプールはボビー・ダンカンへのオファーを拒否へ(PA)

Embed from Getty Images

リバプールはクラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードの従兄弟に当たるアカデミーの選手、ボビー・ダンカンへのオファーを拒否するようだ。

ボビー・ダンカンは現在のリバプールアカデミーの中で最も将来を嘱望されている1人であるが、その活躍を目にしたセリエAのフィオレンティーナやデンマークのクラブが獲得を狙っている。

しかし、リバプールとしてはオファーを受ける気はまったくないようだ。

ボビー・ダンカンは今シーズンはU-23で過ごすつもりであり、既に下部組織が集うプレミアリーグ2で3試合の出場を果たしている。

ティモ・ヴェルナーの移籍金は£27mか(Kicker)

Embed from Getty Images

RBライプツィヒに所属しているティモ・ヴェルナー。

ヴェルナーは来夏で契約が切れるため今夏の移籍が噂されていたが、なんとRBライプツィヒと新たな契約を結んだのだ。

バイエルンやリバプールが狙うこの快速FWの獲得は困難と思われたがその契約の中には£27mでのリリース条項が付随している。

つまり、クラブがフリートランスファーでの流出を避けるためにかなり相場よりも安い条項をつけたのだ。

バイエルンとリバプールにとっては安い金額であり、冬もしくは来夏にもヴェルナーの移籍は実現しそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました