<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターユナイテッドの失敗作5人

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5.モルガン・シュナイデルラン £25m

Embed from Getty Images

モルガン・シュナイデルランはマンチェスターユナイテッドで厳しい時間を過ごした1人だ。

ポール・スコールズのような選手といて期待され、長期的にクラブを支える選手としてルイス・ファンハールによって獲得された。

サウサンプトンで見せていたパフォーマンスを傑出しており、守備に関してはプレミアリーグでも随一だと言われていた。

実際はデビューしたシーズンは29試合の出場にとどまり、その後彼に活躍の場が提供されることはあまりなかった。

あっという間に忘れ去られた男はエバートンへ移籍することとなったのだ。

4.ヘンリク・ムヒタリアン £30m

Embed from Getty Images

ヘンリク・ムヒタリアンはかつてヨーロッパでもっとも需要のあった男であった。

シャフタールでMFであるにもかかわらずゴールを決めつづけ、25点で得点王にも輝いた。

しかし、マンチェスターユナイテッドでのムヒタリアンはサンダーランド戦でスコーピオンゴールを決めたくらいで特に目立った活躍はなく、ジョゼ・モウリーニョは徐々に使わなくなっていった。

その後、アーセナルから移籍したがっていたアレクシス・サンチェスとトレードする形でアーセナルへと旅立っていった。

3.フアン・セバスティアン・ベロン £28m

Embed from Getty Images

ベロンは確実に同世代でベストな選手の一人であった。

アルゼンチンでの生活を経てヨーロッパへ降り立ち、サンプドリアやパルマでプレーした。

そしてラツィオで大きな活躍を見せた後にマンチェスターユナイテッドへと移籍した。

リーグ戦4試合で3得点を挙げるなど期待以上の働きであったがそこから失速。

ただボールを持てば時間とスペースを無駄にするだけの選手となってしまったのだ。

そうしてチェルシーへと移籍していった。

2.アンヘル・ディマリア £60m

Embed from Getty Images

ディ・マリアはレアルマドリーで素晴らしいプレーを見せ、間違いなく世界最高のウィンガーの一人であった。

マンチェスターユナイテッドへ移籍してからもレスターシティ相手に衝撃のゴールを決めるなど順調であったがハムストリングスの怪我によりすべての状況は変わった。

それまで通りのプレーができず、伝統の7番を受け継ぐに値しないプレーを連発するようになったのだ。

結局才能を潰しかけていたマンチェスターユナイテッドを抜け、£50mでPSGへ活躍の場を移したのだ。

現在は再び世界最高のウィンガーとして働いている。

1.アレクシス・サンチェス £30m

Embed from Getty Images

サンチェスがアーセナルで見せていたパフォーマンスを考えれば彼に支払うサラリーにも納得できただろう。

守備にも走り、攻撃時は相手を切り裂くストライカーへと変貌する。

マンチェスターユナイテッドでその姿を見ることはもはやなくなってしまった。

まったくもって結果を残すことができず、クラブに大きな財政的負担を背負わせているだけの存在になってしまった。

今はかつて活躍していたセリエAへ移り、再起を図ろうとしている。

間違いなくマンチェスターユナイテッド史上最悪の移籍だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました